071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

デジイチ特訓! 題して「夏の終わり」

一眼レフデジカメで散歩コースの花などを撮影していますが、なんとなく撮っていてもつまらないなぁ・・・と「ストーリー」を考えてみました。

題して「夏の終わり」


遊歩道の緑ももうしばらくすると色づいてくるでしょうか。

s-2011_0822_120641-DSC04723.jpg




「タケニグサ」の白い花はすっかり茶色に。

この「タケニグサ」、茎が空洞で竹のようだから・・・というのが名前の由来だとか。
子供の頃、茎を折ると茶色の液が出る。それを手や足に塗って「アカチン」だぁ・・・とかいって遊んだ経験があるけど知っている人いますかねぇ・・・。

本当は毒性があってかぶれたりするらしいです

s-2011_0822_120257-DSC04718.jpg



「ゲンノショウコ」のかたわらには紅葉した葉が一枚。
「ゲンノショウコ」は白い花が多いですが、我が家の近くには「赤花」の「ゲンノショウコ」もあります。


s-2011_0822_120112-DSC04716.jpg


紅葉した葉にピントを合わせると手前の「ゲンノショウコ」がボケま~す。
一応「前ボケ」なんですが


s-2011_0822_135101-DSC04736.jpg





「ジキタリス」もほとんどの花が散って。




s-2011_0822_115613-DSC04712.jpg


色が褪せた「アジサイ」の上に蝉の羽が片方。


s-2011_0822_134631-DSC04725.jpg



芝生には夏を謳歌した「カラスアゲハ」が雨に打たれていました。
彼女は短い夏を楽しんだのだろうか?


s-2011_0822_115410-DSC04710.jpg



森の中では「ノブドウ」の実が紫になってきていました。

s-2011_0822_135436-DSC04738.jpg



森はもうすぐ秋ですね。


【 2011/08/26 (Fri) 】 写真 | TB(-) | CM(14)
ナルホド・・・これは奥が深いわね
沢山撮ってみるのが一番だろうか?
夏の終わり・・・ベランダにも瀕死のセミがv-390せめて 土の上でと 植木鉢の日陰に移動させて 合掌。
もう秋だねぇ~~
今日も 練馬村 猛暑の次はゲリラ豪雨でしたぁ~~。
【 2011/08/26 】 [ 編集 ]
アハハハ…、
お山はすっかり秋の準備ね。 
私の「雲物語よりは、しっとりしていていいわよ!v-293

ゲンノショウコ は次兄が命拾いした薬!と 母が語っていたのを思い出しました。v-510

ジキタリスは 義母が飲んでいました。e-259

懐かしい名前だな~。
紫陽花の上に、セミの羽が良いわね。

でも、アチキはセミが触れない。
ベランダにあると、羽をつまんで芝生の上に「ぎゃ==!」と放り投げるのが精一杯だわ。
ドラちゃんは、成仏しそうですね。オホホ…。
【 2011/08/26 】 [ 編集 ]
カメラライフをエンジョイしてますね(^^)ニコニコ

ってか!アゲハの写真!
もう少し良ければコンテストで入賞する感じだよ~ん!!
伝えようとする夏の終わりが、
全体的に出ている写真になっていてビックリ(O_o)WAO!!!

ママさん....飲み込み早いよ(^^;)アセ
いずれは本格的なカメラ勉強をっと思っているんだけど、
もう、その時期に来ているかも(^^)ニコニコ
【 2011/08/26 】 [ 編集 ]
幻想的な晩夏の高原、自分で行ってきたみたいに鑑賞いたしました。もう秋なのね~!
セミの羽根はヒグラシかなぁ?この間、長野に行った時、フウが透明羽の緑の小さめセミを痛めつけていたケド大宮では見ない種類…ヒグラシなのかな?カラスアゲハも飛んでいるときは早いから良く見れないケド、そうゆう柄なんですね。キレイな色味。
ノブドウ…実家の年寄りは「ブス」って呼んでアルコール漬けにして「皮膚炎の薬」にしてました。青や緑や紫の実がなるヤツ。同じのかな?
【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
どらさんへ
ゲリラ豪雨、すごかったようですね。
年々変な雨の降り方になって…。怖いわね。

季節は確実に移ろっていますよ。
森は秋の気配を感じます。

写真でもなんでも回数でしょうかね。
奥が深いので「深入り」するのは勇気がいります。


【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
ババ様へ
「現の証拠」と書くくらいだから効果てきめんだったのでしょうね。今でも漢方では使われていますよね。

たまに採取している人を見かけます。
干して自分で使うのかしら。


セミが触れないの??
噛みつかないし、毒もないし。平気だよ。
「ジージー」騒ぐけどね。
【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
シャケ吉さんへ
森はその気になると花や自然がいっぱい。
被写体は沢山あります。

「アゲハ」もうちょっとですか?
その少しがきっと越えられない壁なんだと思いま~す。
カメラ操作、今でも満腹?で消化不良を起こしそうです・・・。
本格的なんて、とてもとてもv-388

でも、アングルを考えたりするのも今は楽しいです。
【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
リイチさんへ
「夏の終わり」を感じてもらえたかしら。
小さめの蝉なら「ヒグラシ」でしょうね。
「カラスアゲハ」も綺麗ですよね。
優雅に飛んでいるけど、しっかり姿をとらえるのは難しいのかも。

「ノブドウ」ブスって呼ばれているのv-404
食べられないからでしょうかねぇ。
「イヌブドウ」とも呼ぶらしいわ。

漢方には使われるようですね。
焼酎に漬けておくんだ・・・。
知らなかったわ。

【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
ヴァルトの森は被写体が豊富で凝り性のママさんには最高ですね。
私は何にも解らないけど
蝉のハネがとても好き! あっ BBさんと一緒でしたね。

こんなに奥深いんだぁ~ と感心させられています。
【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
ヴァルトは、少しづつ秋色になって来ているのですね。
普段は見過ごしてしまうような物も、カメラで切り取ると素敵ですね。

神奈川は、セミが鳴き叫び、雑草はグングンそだち、まだまだ夏です。

ババ様はセミがダメなの。
私は、虫を取るのが得意です。
かめの散歩のお土産にセミやカナブンを取りましたが、孫はあまり喜んでくれません。

【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
素敵
自然を撮るのって案外難しいんですよね。
アングル次第で写真が生きるので楽しいですね。

明日琵琶湖で一杯写真とってきますね。
良いのが撮れれば嬉しいけれど、全員の記念写真も課題です(笑)

【 2011/08/27 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
被写体には事欠かないのですけどね。
どんな風に表現するか…が難しくて。

セミの羽、もう少し光を取り込めればよかったかなぁなんて思います。

何でも奥は深いですね。
【 2011/08/28 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
どこを切り取るか・・・が感性かしらね。
散歩をしていても花の見方が変わってきます。

母さんがお土産にしたセミやカナブンはお孫ちゃんは気に入らなかったの?
でも、虫大好きなお孫ちゃんも一人くらいは育つかもしれないわね。
【 2011/08/28 】 [ 編集 ]
みやこさんへ
自然は人間が見たようにはなかなか撮れないし、色もイマイチだったりしますよね。
どんな被写体でも難しいです。

琵琶湖の画像楽しみにしています。

集合が一番大変かなv-8
【 2011/08/28 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: