071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

バラと庭の花々-初夏編

ヴァルトの花も初夏の花々が咲き始めました。
(と言ってもほかの地方ではとっくに終わっているかしら)

バラも満開に近くなりました。

「サマースノー」


s-2011_0627_133710-DSC00004.jpg

全体ではこんな感じに咲いています。
まだまだ支柱が目立ちますが・・・。

s-2011_0627_133700-DSC00003.jpg


「ニューカクテル」


s-2011_0627_133721-DSC00005.jpg


s-2011_0627_133732-DSC00006.jpg

一番開花が遅い「ブール・ド・ネージュ=白い雪玉」も開いて来ました。


s-2011_0627_133852-DSC00008.jpg


蕾も沢山ついています。

s-2011_0627_133921-DSC00009.jpg



ツルバラ全体はこんな感じ。

壁面を覆い尽くすのはいつかしらね

s-2011_0627_134057-DSC00013.jpg



「ミヤコワスレ」


s-2011_0627_134144-DSC00015.jpg


ピンクの「ジキタリス」
和名を「キツネの手袋」。

s-2011_0627_134212-DSC00016.jpg


「ジキタリス」の白とピンク。

s-2011_0627_134224-DSC00017.jpg


「ミヤコワスレ」と「ジキタリス」

ジキタリスは有毒植物だそうですが、まっすぐに立って咲く姿はきれいですよね。
繁殖力も強くこぼれ種で増えます。

s-2011_0627_134301-DSC00019.jpg


私は「ルピナス」より好きかな。





玄関前の「カーペットカスミ草」
白っぽい葉は「ラムズイヤー」

s-2011_0627_134341-DSC00020.jpg


芝生の中に咲く野草
「ムラサキサギゴケ」という名前だそうです。
スミレみたいで咲いている時はきれいなので刈り取らないで咲かせています。

s-2011_0615_103304-DSC00004.jpg
【 2011/06/27 (Mon) 】 生活 | TB(-) | CM(19)
ママさんのお庭 淡く優しい感じの色合いで統一されているの?
そこに 「ニューカクテル」のバラが映えますね。
ジキタリスのピンクと白は奇麗ですね!
私 大失敗! 
咲いてびっくりエンジであまり可愛くないの、繁殖力はバツグン何だけれど 抜いてしまいたいです。
壁面一面 はやく ツルバラになぁ~れ!!
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
色はあまり意識していないけど、なんとなく濃い色は選ばなくなりましたね。

「ニューカクテル」は一重で可愛いでしょ。

ジキタリスの濃い赤の種類がありますよね。
白などと一緒に咲いていればいいのかな?
一度植えると抜いても抜いてもどこからか咲き出すような気がしますねv-388

今年は今のところ、病気も虫も付いていないのでツルをカットしなくても済むかな。そうすればかなり伸びると思います。
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
こうして花が咲いてくれるのは和みますよねv-298v-299
バラの館になるには 数年???
成長が楽しみですよね。
育て方でバラの色まで変わるみたい
我家の垣根のドバラは年々あせた色で 嫌われバラなのよ!!
私が嫌ってるから 判るみたいよ。
棘も虫も病気も・・・・
近所の垣根のウイルスがうつったのよv-359
数年前は可愛い綺麗な野バラだったのに・・・
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
アタイら(BB様と私)植物育てに疎いものは
ここにくるととても勉強になるわ。
でも、覚える気はさらさらないからいつまでも苦手なのよね。
でも他の人が作ったもの見て愛でたり食べたりすることは
大好きで~す。

バラの種類がこんなにも多く、育てるのが大変だということも
ここで教えていただきました。
名前もカタカナばかりでなかなか覚えられないけれど
聞いてるだけでも楽しいですね。v-290
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
どらさんへ
雪にも負けずにちゃんと咲いてくれますね。
バラの館になるには10年??

バラも花の色が変わるの?
土の成分は関係ないのかなぁ・・・。

アッ、でも、花も毎日「きれいだね!」とか「頑張って咲いたね!」とか話しかけてあげるといい…っていうから、嫌われちゃった花は色が褪せてしまっても仕方ないのかも。

でも、その野ばら、可愛そうじゃない?
刈り込んで肥料と消毒をしてあげればいいのに。
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
カズタンへ
あまり興味のない物を覚えるのは至難の技よね。
植物の名前も「和名」ならともかくカタカナ名は難しくて。

バラは手がかかる・・・ていうけど、あんまり過保護に育てると軟弱な木になっちゃうらしいよ。

人間も植物も同じですねv-8
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
きれいなバラ
わ~、きれいに咲いていますね。
我が家のバラ、海辺の町から帰ってみたら丸坊主。
虫にやられたんですね。
やっぱり消毒しないとダメですね。
きれいなものには手がかかりますね。
私も花の名前は疎いです。
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
はじかれたと思ったらちゃんと送信されていましたわ!!
一つ削除お願いします。
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
あーちゃんへ
わぁ・・・、丸坊主・・ショックですねv-12

去年は我が家のバラも蕾が虫に食べられたり、病気で蕾がしおれたり・・・と。
今年は早めに予防の消毒をしました。

きっとバラは美味しいのでしょうね。
「ジキタリス」なんて虫もつかないv-8

ひとつ削除しましたよ。
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
優しい色合い
フーカママさんらしい優しい色合いのお花達ですね。
私もどちらかと言えば白い花が好きなのです。
ミヤコワスレは好きで良く買うのですがいつの間にか消えてしまって悲しい思いをするのです。

いつか訪れた時にはバラ屋敷になっていればいいな(^^)
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
バラのニオイが香ってきそう

綺麗ですねぇ

バラって手入れも大変でしょう?
むかぁし、大姑がお手入れに苦労してた記憶が。。
【 2011/06/27 】 [ 編集 ]
ジギタリス
私も、お花の名前はあまりわかりません。
なんせ枯らすの名人ですから…(笑)

ジギタリス…は、強心剤の薬になりますね。
花の名前と言うよりも、薬の名前で知っていました。
こんな可愛い花なんですね。
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
みやこさんへ
私らしいかどうかは・・・??
洋服や着物の柄や色は優しい色あいの物はダメですv-398

いつの間にか消えてしまうのは場所が悪いのかな。
「ミヤコワスレ」はあまり日当たりのよい場所は嫌うようですよ。
半日蔭くらいが好きなようです。
木の下なんかの方がいいかも。


また育ててみてくださいね。

薔薇の館を見に来るなら6月末ねv-397
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
はるさんへ
去年よりはツルバラらしくなってきました。
寒冷地は色が鮮やかになるそうです。
空気がいいから?

確かにユキヤナギとかアジサイとか、ある程度ほったらかしでも咲いてくれる花もありますが、バラはそうはいきませんね。
消毒はどうしても必要みたいです。
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
白花母さんへ
ジキタリスは「強心剤の薬」ですね。
昔はこの葉?から成分を摂っていたようです。
今は化学的に作られているのですが名前だけは残っているようですね。

あら、枯らしちゃう名人ですか?
ハンドルネームから連想するとそんな風には思えませんがv-8
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
フーカママさん、お久しぶりです。

写真を見ていると、爽やかな高原の初夏♪って感じがします。
バラ達も早く大きくなってほしいけど、
1年1年成長する姿がまた楽しみですよね。
ソラくんの成長と一緒に☆
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
mikoさんへ
このところお仕事でもご一緒出来ませんね。

暑くなって湿度も高い季節ですが少しはさわやかな高原の雰囲気が伝わりましたか。

バラも「ツルバラは1年でこんなに伸びるから・・・」などと本には書いてありますが暖かい地方とでは違うでしょうね。

毎年の成長を楽しみにしないといけませんね。

ソラの成長?
少しは聞き分けの良い子になったように思いま~すv-8
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
ちゃこさんお庭の花の色合いは
素敵ですね。
ジキタリスは、私も好きです。
広いお庭で咲いているとイングリッシュガーデンのようで良いですね。

バラの生け垣は憧れます。
でも、目が飛び出していてドンくさいかめが庭の中を自由に歩くので刺のある植物は植えていません。
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
ジキタリスはそういえば「イングリッシュガーデン」にはよく使われていいますね。

直線的な花なのでボーダーガーデン風にするといいのかしらね。

そうだねぇ、お孫ちゃん達やかめ君が遊ぶ庭にはトゲのある植物はNGね。

かめ母さんの分もヴァルトで育てておきますね。
【 2011/06/28 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: