091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

桜満開のシアワセ

週末2日間は婚礼の仕事。
長野市はちょうど桜が満開の時期

110423_1406~03


その満開の桜にも負けないほどアツアツでシアワセなお二人達でした

善光寺の「大勧進」での挙式のお二人。

挙式後善光寺の境内でスナップ写真の一コマです。

110423_1406~01



s-110423_1405~01


s-110423_1405~02

そして今日のお二人はチャペルでの挙式。
ウエディングドレス着用中です。


110424_1143~01

白ドレス用のブーケ。

110424_0800~01


そしてお色直しは「引き振袖」でした。その振袖の時に使われた和風のブーケ。
丸くて可愛いブーケでしょ。
帯締めのように組みひもがアレンジされていました。


110424_0759~01



「引き振袖」参考画像
最近はとても人気があるスタイルです。


04_pic02.jpg


皆様、どうぞ末永くお幸せに
【 2011/04/24 (Sun) 】 生活 | TB(-) | CM(22)
No title
長野県は今が桜なのね。
今年は何だか ゆっくり見れなかったような・・・
今は 婚礼ファッションも私達じだいとはv-15こうして 晴れやかなお二人様見れてお世話して気持ちも和みますよね。女の晴れ舞台だものネ
最後の画像が素敵だわ!あぁ~~~40年前にタイムスリップしたいなぁ~~v-397v-355
【 2011/04/24 】 [ 編集 ]
No title
フーカママさん、こんばんは。

2日間お疲れ様でした。
土曜日は雨にはあたりませんでしたか?
今年は桜の開花が遅かったので嬉しい誤算でしたね。
桜が、文字通り華を添えてくれたようですね☆
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
No title
すてきな写真ですね~
桜の時期のお婚礼は いいね
善光寺の境内といっても 人影がみえないし 静かな雰囲気なんですね。
こんな風にフーカママさんのブログにのせてもらうのも
いい記念になるのでしょうね。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
きれい…
満開の桜の下での婚礼…
すてきですねぇ~v-238
桜の下、和装のお二人いいなぁ~
あーー、こんな頃に戻りたい!?

引き振り袖…今は、こう言うのが人気なのですか…。へぇ~
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
No title
人生の始まりですか!
それにお手伝い出来るお仕事は素敵ですね。
でも、普通の人だと出来ないだろうな~。
やっぱり気配りのいき届く人がサポートしてくれると、
良い宴になるのでしょうね。
フーカママ様はピッタンコね。v-221
桜,そちらは今が満開ね。
こちらは,葉桜になりました~~!
先日の大風で散ってしまったわ。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
No title
善光寺で結婚式~?イヤうらやまし。もう一度してみたいですね~(ウソウソ)お寺でお式ってけっこう大変なんじゃないですか?着替えとかメイクさんとかカツラとかどこでやるんでしょうか?式場みたいに整っているの?
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
どらさんへ
今年は桜の開花も遅かったです。
寒い日が続いたので花が長持ちしましたね。

今はブライダルファッションも楽しめますよ。
昔はワンパターンで・・・。
今思うと残念だよねぇ。

40年前に戻っても今の相方さんと挙式でしょv-8
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
mikoさんへ
2日間連続は疲れるようになったわぁ・・・。v-388

雨は奇跡的に大丈夫でした。
参道も「お練り」のように列席者全員で歩けたんですよe-343

満開の桜の下で写真が撮れてとても喜んでいらっしゃいました。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
ヒロさんへ
桜の時期はいいですよね。
素敵な写真が撮れました。
観光客の皆様も少し遠慮してくださったようです。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
カムイ母さんへ
やっぱり「白打掛」「紋付袴」はいいですね。
根強い人気があります。

カムイ母さんも和装でしたか?
私はもちろん和装のみ。
ドレスはちょっと後になってから流行り始めたような記憶があります(友人たちはドレスも多かったので)

「引き振袖」は「かつら」でなくても大丈夫なので人気なのかもしれません。
古典的でもあり、モダンでもある・・・という感じね。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
ババ様へ
スタートをお手伝いできるのは張り合いがありますが、それだけ気骨も折れるわ。
緊張感は良い刺激になっているかもしれないけど。

謝辞などで思わずうるうるしたりe-263
何年やっていても感動しますね。

桜は満開でした。
でも、我が家地区はまだよ。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
リイチさんへ
地元ならではでしょ。
善光寺は挙式だけです。
もちろん控室は写真室はありますよ。

私が仕事をしているホテルの美容室で新郎新婦様は支度を整えてジャンボタクシーで善光寺に。
挙式後、また車でホテルに来て披露宴です。
距離は近いのですけどね。

リイチさんももう一度??
でも、隣にいるのは今のご主人よねぇv-8

【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
No title
桜満開の下で和装の結婚式は
日本ならでは美しさですね。
和風のブーケもあるのですね。

皆さんは、過去に戻っても
今のお相手とですか?
私も、そう言う事にしておきますv-8

【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
No title
長野市は今が桜が満開の時期なのね。v-291
お寺やチャペルで、と色々な挙式を見られて
楽しそう。
でも「気遣いが命」の仕事だし大変でしょうね。

みんなに祝福された人生の門出。
私にもそんな時期があったことを忘れそうですが
ここで何人もの花嫁姿を見るたびに思い出します。v-398
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
桜満開・「白無垢」・「紋付羽織袴」
正当な日本の美しさですよね。

和風のブーケも最近は多いです。
花屋さんも研究してるのよ。

かめ母さんなんて絶対に今のご主人とでしょe-266

私もそういう事にしておきますね。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
カズタンへ
今年は寒い日が多かったので桜は遅いですよ。
幸せな門出をお手伝いできる嬉しさの反面、プレッシャーも多い仕事です。
プレッシャーもボケないでいいかと。

本当ねぇ…。私も仕事の度に「初心を!」と思いますけどすぐに不平不満・・・。
誰かの口癖ではないけど「修業」が足らないわ。
【 2011/04/25 】 [ 編集 ]
春爛漫
気分もウキウキ♪
いつ見ても花嫁さんは良いですね。
そんな場所にいられるママさんは幸せですね。
気苦労も多いでしょうが楽しいお仕事ですよね。

自分の時は平安神宮だったのですよ(^^)
もちろん和装で打ち掛けでした。
娘たちは二人共洋装でチャペルでした(笑)

初心に還ってだんな様を大切にしなきゃネ(^_^;)
【 2011/04/26 】 [ 編集 ]
みやこさんへ
花嫁姿って何回見てもほのぼのしちゃいますね。
やっぱり一番美しい顔をしていらっしゃいますね。

みやこさんは「平安神宮」でしたか!
私は「明治記念館」でした。

そうそう、ご縁があって一緒になったのですものねv-8
【 2011/04/26 】 [ 編集 ]
No title
満開の桜の下での結婚式
お天気にも恵まれ最高の門出でしたね、
一生の思い出も満開の桜がさらに幸せを後押ししています。
「引き振袖」も 古典とモダンの組み合わせでステキですね。
 
【 2011/04/26 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
今年は桜の開花が遅れましたが、このお二人には門出に華を添えてくれた・・・という感じで嬉しさもひとしおだったと思います。

「引き振袖」は人気ですね。
お世話をする方はその都度「褄」を持たせて差し上げないといけないのでちょっと苦労します。
【 2011/04/26 】 [ 編集 ]
No title
桜の下で、和装での結婚式っていいですねぇ!

最近はチャペルで洋装が多くなってますもの。。

素敵だわぁ~
【 2011/04/26 】 [ 編集 ]
はるさんへ
「これぞ日本!!」という雰囲気ですよね。

まぁ、女性としては打掛も振袖もドレスも着たい!!という気持ちは分かりますね。
【 2011/04/26 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: