091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

僕だって考えてるよ

朝は冷え込むようになりましたが、昼間は秋晴れの爽やかなヴァルトです。

週末は婚礼で忙しくしていましたが、今日はゆっくりソラと遊んであげられそう

庭のサークルはいつもはこんな感じです。
入口からは一番奥に小屋が置いてあります。
夜や雨が降ると小屋に入って寝ています。凄く暑いときも小屋に入ることがあったわ。

s-2010_1018_120610-CIMG1396.jpg


でも、最近、小屋が前に動いていることが多い・・・。
小屋は固定してないので、ソラが動かしているようです。


s-2010_1018_120357-CIMG1389.jpg


「なんで小屋を動かしちゃうの?前が狭くなって動きにくいでしょ?」
お気に入りの「コング」も小屋の後ろにあります。


s-2010_1018_120330-CIMG1387.jpg


しばらく様子を見ていたら理由が判明!
お日様があたってポカポカ暖かいのです!
秋になったので太陽の光の角度も変わってきたし、南側のほうが居心地いいんだ!!

「ソラ、ちゃんと考えてるんだねぇ。偉いねぇ!」
「冷房装置も暖房装置もないから自分で考えなくちゃね」

s-2010_1018_120343-CIMG1388.jpg

と褒めていたら・・・。

小屋の角、齧ってましたぁ


s-2010_1018_120419-CIMG1390.jpg

小屋の入口もガジガジの跡があるよ!



s-2010_1018_120505-CIMG1394.jpg


改造してもいいけど、寒くなっても新しい小屋はないよ!
よく考えてね!
【 2010/10/18 (Mon) 】 ワンコ | TB(-) | CM(18)
v-426そら君 色々考える犬になって賢いネ
エネルギーもてあましのそら君には その囲いが
目ざわりなのかもv-355
でも コレもヴァルト教育だから・・・。

ガジガジには 笑える・我家では経験無かったから
ビックリe-271
そちらは 熊は出ない所でしょう?
猛暑で山の動物達は飢餓状態らしいわ・困った問題ですよね。熊には責任無いのに・・・。
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
お日様を求めて移動。
ひまわりそら君ですね。

最後の写真は、笑えます。
今年の冬は厳しいようなので
お父さんに修理をお願いしなくてはね。
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
どらさんへ
自分で快適な場所を探すんでしょうね。
動物だもの当然。
もう少しフリースペースを広げたいけど、いろいろ問題もあってね。雪とかね。

ドラ家のワンコは小屋は齧らなかったのね。
我が家は歴代が齧ってま~すv-397

熊、出没する地域ですよv-285
キノコ狩りの人はみんな熊鈴つけています。
登下校の小学生も熊鈴鳴らしてv-340

我が家の庭のドングリも全然実が付きません・・・。
猛暑の影響でしょうね。
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
犬が日向で寝ていると秋を感じますね~。フウは外生活を…と考えている時期に私が事故ったので今頃練習しています。ベランダにある犬舍を柵内に移動して本格外飼いにしたいんですが、私が甘くてね~。ソラくんのブログで勉強しながら進めてます!
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
夏は日陰ばかり探していたのにね。
それだけ寒くなってきた…ということね。

「ひまわりソラ君」って可愛い呼び方だわv-299

子犬の時は玄関に入れたけど、今年は入れないつもりなのに・・・。
自分で考えて、たくさん食べてモコモコになってもらうわねv-290
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
リイチさんへ
ソラは子犬の時からケージやサークルには徹底的に慣らしました。
今まではケージに入れる・・・という飼い方をしなかったので、いざという時に苦労した経験があるんです。
「閉じ込められる!!」と思うみたいね。

ご飯も基本的にケージかサークルの中で食べさせましたよ。

最初は時間を短くして、段々に慣らしていけばどうかしら。
風ちゃんと我慢比べですね。

【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
ソラくんもおうちをガジってしまいましたね!v-405
オシャも今だに傷跡が残ってます。
今になってはいい思い出になってますが
齧ったときはこれ以上齧らないで~と同じ思いでしたよ。

今年の冬は外で暮らすのですか?、ソラ君!v-291
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
ふえぇ~~。どうやって小屋を動かすのかしら?
りゅうしゃんの小屋は動かないので、いつも同じ場所で寝ています。 たとえ小屋が動いても、決して入りませんので、動かしても意味が無いのだけれどね。v-8

ガジガジ、我が家も余りしなかったわ。って、金属だからかしら?
サークルのなかにいても、リードを装着しているの?
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
一瞬サークルが動いてるのかなと思ったけれど
サークルは固定してあるのですね。
小屋はどのようにして動かしているのか
ソーッと見てみたいものだわ。v-411

ソラ君の小屋の改造は昴流君に比べたら、まだまだですね。
気温も下がってきたし、これからが本格的なお仕事になるのかな。v-8
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
オシャ子さんへ
いつの間にか齧った跡が大きくなっていました。
今までは傷がついている・・・くらいだったのに。

ヤンチャ時代の名残が残っている小屋を長く使ってもらいますね。

冬は基本的に外のつもりです。大雪の時や猛吹雪の時は玄関というか雪除け室(外玄関を囲ってある場所)になるかも。
子犬の時のように室内はないかなぁ・・・。
でも、入れちゃいそうですけどv-397
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
ババ様へ
この小屋はプラスチックなので、軽いのです。
後ろに回って少しガタガタすれば動くわ。

係留は、サークルから出すときに脱走されると困るから・・・なのですが「待て!」でリードを付けるまで待てるようになってきたので、リードなしでもOKなのですけどね。
慎重派のmasaが「穴を掘って出るから・・・」とか「屋根を壊して出るから…」などといいますので。
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
カズタンへ
そうっとムービー撮影してみますか。
後ろに回れば簡単に動くのですよ。

小屋の改造はまだまだ序の口かしらね。

「新しいのは買いませんよ!!」と言ってありますv-431
【 2010/10/18 】 [ 編集 ]
改造計画
ソラ君の居住空間の快適化計画は順調そうですね。

同じ小屋なのでどのくらいか良く解ります(笑)
小屋を組み立てる時に床に砂を入れるように書いてありましたが、うちは入れないでそのままだからズルズル引きずって移動しています(^^)

入り口など齧ってあるので鎖が引っ掛かってしまう事が良くあるのですが、自業自得だから我慢するしかないですよね(≧m≦)ぷっ
【 2010/10/19 】 [ 編集 ]
みやこさんへ
快適空間になるのかしら?

自分でやった事だから、自己責任ですよねぇ。

そうそう砂を入れるといい・・・って書いてありましたね。
人間が持つ時に重たいから我が家も入れなかったわ。

この小屋はヴァルトに引っ越してきてから、フーカ用に買ったのですが、フーカは4歳になっていたし齧りませんでした。

改造計画はソラの仕事です。
どこまでやるかなぁ・・・。
【 2010/10/19 】 [ 編集 ]
ソラちゃんも やるじゃない!
【 2010/10/19 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
何しろ暇ですからねぇ。
色々考えているのかしら。

今度小屋を動かす現場を押さえますね。
【 2010/10/19 】 [ 編集 ]
どうやって…
ソラ君、お利口…v-237
ちゃんと、自分の生活がしやすいように
色々考えているんですね。

ぜひ、お家を動かす現場を見てみたいものです!?
両手で、一生懸命押していたりして…
現場写真(動画)楽しみにしています (^O^)/
【 2010/10/19 】 [ 編集 ]
カムイ母さんへ
少し冷え込んできましたからね。
お日様が恋しくなってきたのでしょう。

サークルの中でも、快適な場所を探すんでしょうね。

両手で「ヨイショ!ヨイショ!」って動かしていたら最高ね。

【 2010/10/19 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: