091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

爪のお手入れも大事よ

今日は朝から雪です。
大雪にはならないと思うけどまだまだ雪国の春は遠いですねぇ。

スキーももっと滑りたいけど、なんとなく春が恋しくなる2月中旬です。

バンクーバーオリンピックもメダルが取れて、ますます盛り上がっていきますね。
選手の表情を見ていると、勝った人は勿論だけど、メダルが取れなかった選手も感動するような表情をしていますね。

きっと練習は辛かっただろうし、肉体的にも精神的にも強くならないとオリンピックなんて出られませんよね。

逃げないで頑張った・・・ということが大事。
自分の力を出し切るって難しいことだわ。


さてさて
我が家の「やんちゃソラ坊」
雪道ばかり歩いているので爪が伸びてきました。
コンクリートを歩けば磨り減るのでしょうけど、冬は雪ばかり。
爪きりで切るほど伸びていないけど、カーペットにちょっと引っかかったりします。

部屋でリラックスしている時に「爪削り」に挑戦!
ソラ坊には「馬のアキレス」を咥えさせて



[高画質で再生]

爪削りしてるよ [SEO]
[高画質で再生]

爪のお手入れ [小説]

「馬のアキレス」に夢中になっている間に爪のお手入れも完了しました。
【 2010/02/16 (Tue) 】 ワンコ | TB(-) | CM(19)
No title
お利口だね。絶対必要ですね・小さい時から何されてもOKは大事!!遊びの中に口開けさせるのもネ。ビッケは爪切りだけが大失敗。いまだに冷や汗でカットよ。足の怪我でトラウマもあるね。
そら君見てると 犬飼いの経験やY家のわんこ達に見守られてるv-344って感じだわ。
【 2010/02/16 】 [ 編集 ]
No title
爪を削って,美しい爪に。
これで絨毯に引っ掛からないね。良かったね、そら坊ちゃん。
ついでに、マニキュアしてもらって、爪飾りもやってもらったら??
どら姐御様のように素敵な爪になるよん。
【 2010/02/16 】 [ 編集 ]
No title
言い忘れました。
ペアースケートの川口悠子さんのお相手のロシアの男性。
超素敵。私の好みダワン。 優しそうだシッサ。
残念だったわね。4回転に挑戦させてあげれば良かったのにね~。
あ~~、いい男だしたわ!4年後にまた、一生懸命に見ましょっと。v-8
【 2010/02/16 】 [ 編集 ]
No title
ソラ君エラいなあ~v-290
怒らずちゃんと爪切らしてくれるんだもの!

でも爪ってトントンにとがっているんですね。
オシャがぜんぜん擦れちゃっているので
不思議な感じがしました。v-290
【 2010/02/16 】 [ 編集 ]
No title
ソラ坊ちゃん きゃぁぁ~お利口さん(^O^)/
いくらアキレス貰ってても 爪とぎ嫌がらずに
でも、アキレス噛み噛みするのが 忙しいワンね(^O^)
ソラ坊ちゃんって毛が凄く綺麗で 気持良さそう
明日のフイギュアシングルのプルシェンコ 上手よ~goo
【 2010/02/16 】 [ 編集 ]
No title
ソラちゃん 超お利口さんですね
道犬がちやんと爪のお手入れさせるなんて~
馬のアキレスにもビックリ!! こんなに大きいの?
歯ぐきには最高ね。 
な~んにも減っていない様に見えたのですが・・・私だけ?

オリンピックには目が釘付けに成ってしまいます。
家族 特にアスリート達のお母さんの役割って子供達を優しくつつみ、
奮起を起こさせてあげる とっても大事な縁の下の力持ちですね。
あらためて立派なお母さん達の底力を感じさせられています。
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
No title
ソラ坊、とってもオリコウさんですね。
思い出しました。琳も最初の冬は宮城にいたので、爪が伸び放題になってました。長崎に来てからは,アスファルトで削れるので、爪切りしなくてもいいですね。親指だけは切った方がいい時もあります。
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
No title
v-291な~るほど。
爪切り=美味しい をインプットさせるといいのね。
長持ちする美味しいオヤツを囓らせながら爪切りは
良いアイデアですね。
しかも、幼犬のうちにこういう習慣は大事でしょうね。
でも、爪切りが全然気にならないほど
そのアキレスって美味しい匂いがするの?
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
No title
子犬の頃に慣れたことは
大人になってもさせてくれますね。
アキレスで楽しみながらの学習ね。

ソラ坊の爪は白なの?
かめの爪は白と黒があって
黒い爪を切るのは難しいです。
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
どらさんへ
爪切りは今までのワンコは経験なし・・・なのよ。
爪を切って、血を出したら、二度とやらせないでしょうしねぇ・・・。
今回は削るだけにしましたが、これならカットもやらせそうです。

歯磨きも練習しなくちゃ・・・と思って、口の中に手を入れて指でゴシゴシしています。

そうねぇ、今までの経験も生きているでしょうし、歴代のワンコも空から見守っているわね。
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
ババ様へ
ワンコの爪にマニキュア・・・ってあるかしら?
v-353
でも、すぐにはげちゃうねv-397

川口選手のペアの相手?
優しそうだった?そこまで見ていなかったわ。
JJ様ほど優しい人はいないよv-217

でも、まだまだ頑張って欲しいね。

【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
オシャ子さんへ
初めて爪のお手入れをしました。
今までのワンコは小屋のある場所がコンクリートのベランダ、雪道も歩くけど、アスファルトも歩くので、自然に削れていたのね。

ソラは室内にいたり、昼間でも雪の上、歩くのも雪道・・・と爪が削れる時がないのです。
オシャ君はアスファルトを歩くし、伸びませんよね。

爪は尖っているでしょ。これで甘えて腕にしがみつかれたらかなり痛いですv-8
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
ポリ子さんへ
馬のアキレス効果は絶大だったようです。
時々「なにしてるの?」と気にしていましたが、痛くはないので平気でしたね。

プルシェンコ、さすがでしたねv-218
でも、日本選手頑張れ!!
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
道犬は爪のお手入れさせませんか?v-8
というより、自然に擦れて爪切りなんてしなくていい場合の方が多いですよね。
我が家もソラ坊が初めてです。

馬のアキレス、長いのがありますよ。
減っていないように見えた??アキレスが?

アスリートは家族の支えなくては出来ませんね。
これはスポーツに限らず、音楽でも、絵画でもなんでも同じかもしれませんね。
そんな表情を見るのも楽しみですね。
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
琳ママさんへ
琳ちゃんも宮城時代は伸びたのですね。

今はアスファルトで自然に削れるから大丈夫。
ソラも春になれば伸びないのでしょうけど。

【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
カズタンへ
美味しい物で釣ればv-8
でも、爪切りで血を出したりしちゃうと二度とやらせなくなっちゃいますよね・・・。
トラウマを作らないようにしないと。
仔犬時代のトラウマは一生ダメになるらしいわ。

アキレス、臭いますねぇ。
ワンコには最高の臭いかも。
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
仔犬時代に楽しかった事も、怖かった事も覚えていますよね。
なるべく楽しい事を多くしないと。

ソラの爪は白いので、血管が判りやすいです。
黒の爪は血管が見えなくて怖いよね。
かめ君は爪も黒と白があるのね。

そういえばレラやフーカは黒い爪があったような・・・。
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
No title
なるほど、切るほどでもないから、ヤスリで少し削るのね。。
うちのソラリンにもやってあげよぉ~~っと。。
四つの足で踏ん張るのであまりないですけどね~(笑)
【 2010/02/17 】 [ 編集 ]
はるさんへ
宇宙君はまだ削るほどでもないかもv-8
それにお散歩が長い時間出来るようになると、アスファルトで自然に削れると思いますよ。
でも、オチビの時からどこを触っても、何をされても嫌がらないようにしておくのは大事ですよね。
【 2010/02/18 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: