091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

我が家の「北海道犬史」

初代看板犬「早太郎=はやたろう」と「生駒 =いこま」
アイヌ犬という聞いたこともない犬種でした。
当時は「アイヌ犬」と呼んでいましたが、「アイヌ」は蔑称である・・・という説があり、後に「北海道犬」と呼ぶようになったと聞いています。

1978-1.jpg

我が家の北海道犬の歴史は1977年から始まりました。
憧れの長野で雪国暮らしを始めた夫婦。
「横浜から引越したら犬を飼う!」と決めていました。

1977年の夏にペンションをオープンし、少し落ち着いた秋に「仔犬が生まれたら教えてください」とアチコチに頼んでいたのです。
地元の焼き鳥屋さんで「牝3頭、牡1頭の仔犬が生まれたよ。血統書はないけどアイヌ犬だよ」
「では、牡をもらえますか?」
そして、しばらくしたら焼き鳥屋さんが2頭の仔犬を連れてやってきた。
頼んでいた牡は真っ黒な顔をしたタヌキのような仔犬。立派な「盗っ人顔」でした。
「1頭だけお願いしたんだけど・・・」
「色があんまり違うので、白も連れてきた。牝だけど」
白い牝は白熊のヌイグルミのように可愛らしかった。

hayaiko-1977-5.jpg


もちろんmasaは1頭だけ飼うつもりでいた。
でも、白熊のような牝をみた私は「2頭飼っちゃダメ?」と必死で懇願。
「兄弟姉妹、離れたら可哀想だし・・・」とか「1頭じゃ寂しいかも・・・」とか。
それを見透かしたように「ここで飼ってくれなかったら、千曲川に流しちゃいます」と言う焼き鳥屋さん。
脅迫?にまんまと屈した私達は2頭を飼うことにしたのです。

ちなみにこの時は、日本酒の1升瓶2本と交換でしたぁ。
血統書はなかったけどね。

hayaiko-1977-4.jpg


母犬が歳を取っていて子育てを放棄してる。眼が開いているし、ミルクも飲めるから・・・と生後15日ほどの仔犬を置いていってしまいました。

確かに眼は開いていましたが、まだ膜がかかっているような状態でした。ミルクも飲む・・・というより吸うことしか出来ない仔犬。
それから1週間ほどは、3時間おきにミルクを与え、排泄の世話もする毎日。
夜中でもピッタリ3時間で「クゥ~ン、クゥ~ン」と泣いて起こされました。
母犬の代わりをしてなんとか育てましたが、今思うとなんの知識もないのに無謀なことをしたものですね。

ミルクを飲む時はお尻を押さえていないと、顔からミルクに飛び込んでしまうオチビ達。
この時「早太郎」が850グラム、「生駒」が650グラムでした。


hayaiko-1977-3.jpg



少ししっかりしてきた頃。這いつくばるようにしていたのが歩くようになりました。

2頭の足型をとりました。
生後20日目くらいのフットプリントです。

hayaiko-1977-6.jpg



離乳食というのか、ご飯を食べるようになりました。
仲良く2頭で食べています。
生駒は片足お鍋に入っているよぅ。

仔犬時代から早太郎は神経質できれい好き。
生駒は「のほほ~ん」としている妹でした。
ダンボールで飼育していた時、チッコをしたくなると「キャゥ~ン」と泣いて教える早太郎。
トイレにしているダンボールに移動させるとちゃんと用を足します。

それに引き換え生駒は「クゥ~ン」と泣いた時はチッコをしてしまっています。
寝ている所が濡れて気持ち悪いから・・・と言っているかのようでした。
この性格は勿論大きくなっても変わることなく・・・。

早太郎は初めて食べる物は警戒してなかなか食べません。
薬もダメで苦労しました。

生駒はなんでも食べます。
薬もポリポリと食べてくれて手のかからない子でした。


hayaiko-1977-2.jpg


1977年初冬。
生後3ヶ月くらいでしょうか。
2頭一緒にダッコできました。

まだ産毛のようですね。

hayaiko-1977.jpg



【 2009/07/21 (Tue) 】 ワンコ | TB(-) | CM(14)
No title
う~~ん。っかわゆい~~の~!

はい!せんせい、質問です。
この「ぶ~わん」の看板を作ったのはmasa様ですか?絵も?

3枚目の写真のミルク飲んでいるところの後ろにある、グリーンに包まれたものはなに?

この頃はアイヌの名前を付けなかったの?命名はお二人で考えたのね

餌を食べているときの生駒ちゃんは、お腹がプックリで赤ちゃん体型だね。
早太郎君はしっかりお兄ちゃんしているようで、「僕が妹をまもります!」って。 我が家の誰かとにているわ!「僕がしっかり妻を守ります!」ってね。オホホホ…。
続きはあるの。楽しみに待っているわ
だけど、写真が歴史を語っていますね。今の写真は綺麗ね. 
あっ!でも、ワン子タン達の可愛さと、チャコ様の可愛さは充分に伝わって来ますよ~~!v-8

【 2009/07/21 】 [ 編集 ]
No title

品格のコメ!と本人が言うので来てみれば・・・v-8

まだ親の乳が恋しい時期に離されて不憫だったね。
でも チャ子さん夫婦の愛情で名犬になって大きな存在でしたねv-4263時間おきの授乳とは 大役だわ。
チャ子宅にはいつも わんこが同居してたね・
フ~カちゃんも心配してるよ  「お母さん!気使い無用だわ」ナンテv-290
真の愛犬家は いつもパートナーとして側に居て欲しいらしいわよ。
【 2009/07/21 】 [ 編集 ]
なんと可愛い
小さな小さな兄妹だったのですね。
本当に可愛い。。でも育てるのも大変だったでしょうね。。

雪の中で育ってゆく兄妹の道犬のその後♪
楽しみにしています(*^_^*)
【 2009/07/21 】 [ 編集 ]
No title
早太郎君と生駒ちゃんの生育史 とっても興味深いです。
続きを一気に読んでしまいたいような…。
でも 何日もかけて綴ってほしいような…。

双子の子育てのようで大変だったんですね。
3時間おきのミルクは人間の赤ちゃんと同じだわ。v-291
【 2009/07/21 】 [ 編集 ]
No title
きゃぁぁぁぁ~もう、可愛すぎ~です
最初は一頭の積もりが、2頭持って来られて 見ただけで
情が思いっきり湧きましたね 2頭とも masa様んちに
貰われてくる 縁のあるコッコちゃんだったのですよ(^_-)-☆
却って犬の飼い方を知ってるよりも 無の状態だったから
一生懸命 愛情掛けて 育てられたと超~思います
それに、応えて2頭のコッコちゃんも すくすく大きくなり可愛い
ママ様 蔵出しして どんどん載せて下さい 
私 ワンコ物語 大好きなんです 今日も読んでいて顔が
緩んで来てにやにやしながら~誰か見たら怖いかも(笑)
幸せな気分 (^_-)
【 2009/07/21 】 [ 編集 ]
No title
北海道犬物語が始まりましたね。
色々な出来事を入れて
詳しく書いてくださいね。
楽しみにしています。
休憩にきゅうりやナスの情報が入っても大丈夫ですよ。

生後15日の赤ちゃんワンコ育ては大変だったでしょうね。
masaさんの決断で
兄弟で一緒に暮らせて2匹は幸せだったでしょうね。


【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
ゲストさんへ
ババ様、イラチが移った??
名前が入っていない事が多いよぅ。

質問にお答えします。
看板はmasaの手作りです。絵も書きましたよ。
グリーンで包まれた物??
花屋で使っていた「花入れの桶」で~す。
筒状の桶で、ステンレス製は置いてきましたがプラスチックはゴミ箱に使ったりしていました。

名前の由来は後ほど・・・。

写真の色があせますねぇ。やっぱり古い写真だわ。
【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
どらさんへ
まだまだ母親が恋しかったでしょうにねぇ・・・。
でも、私の指に必死に吸い付く感触、排泄の世話をしてあげて・・・。
母犬代わりも感動がありましたよ。

ぴったり3時間で起こされるのは大変だったけど。

やっぱりワンコがいないのは寂しいね。
【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
ホクママさんへ
3時間おきのミルク、眠たくて眼をこすりながらミルクを温め、冷ましてからあげて・・。と人間と同じでした。
人間の子供は育てたことがないんですけどね。

1週間くらいだったから頑張れましたけど。

最初から多頭飼いになってしまいましたが、それなりに楽しかったわぁ。

【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
カズタンへ
早太郎と生駒の話も記録として残しておかなくちゃ・・・と。
楽しみにしてもらって嬉しいわ。

2頭を飼うのは世話も大変になるし・・・とmasaは反対しました。確かに大変な時もあったけど、それ以上に楽しかったわ。

人間の子供と違うのは3時間おきにミルクを上げる期間が短いことだけね。
【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
ポリ子さんへ
蔵出し頑張りますね。
仔犬は見ちゃうとダメですよね。
生駒も本当に可愛かったのよ。とても手放す事は出来ませんでした。
生駒を飼ったことによって、後々「白の女の子」を飼い続けることになったのですから、不思議ですよね。
【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
いつかは記録として書いておきたいと思っていました。
ちょうどいい機会になったわ。

キュウリやナスも時々混ざりますが・・・。

思いがけずに最初から2頭飼いになったけど、楽しかったわ。
【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
No title
へぇ~!って、声に出しながら読ませて戴きました。
よく牡牝の兄妹を一緒に飼う決心をされましたね。
それも生後15日で......。
生後15日で親から離して面倒みるなんてかなり大変なことですもん。
可愛さもひとしおだったことでしょうね。
続きも楽しみ♪
【 2009/07/22 】 [ 編集 ]
ミュウのママさんへ
何にも知らなかったから、簡単に2頭飼うことになりました。
仔犬を連れてきた人は「大丈夫ですよ!」とアッサリと置いていってしまったし・・・v-292
知らないってこともある意味強いですよねv-397


【 2009/07/23 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: