091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

我が家の愛車史

雨の7月1日になりました。
もう半年が経過しちゃったんですね。

さて、新しい愛車「ミラノレッドのフィット」が来ましたが、今までの我が家の愛車は・・・と古いアルバムを見ました。

40年前最初に購入した「三菱のミニキャブ」。
中古車でした。
花屋を始める時に、masaは免許を取得。
川崎の中古車販売店から7万円で買い、免許取りたてで第二京浜を横浜まで運転して帰りましたが、怖かったぁ!!なんてもんじゃありませんでしたぁ。
この「ミニキャブ」、エンストは日常茶飯事・・・
バッテリーを外してGSに持っていったり。
下り坂で「押しがけ」というのをよくやったっけ

今回写真をよくよく見ると「MINABIC」になってる
「MINICAB」がバラバラになり、整備した人が適当に並べ替えた??
まぁ、アバウトな時代でしたねぇ。
隣の車も時代が感じられる車体ですねぇ。

minicab.jpg


あまりにもトラブルが多いので、新車を購入。
「トヨタ・ライトエース」
これは非常に快適で、感激したのを覚えています。
これ以来masaは中古車を買う事はなくなりました
(車の横に写っている人間に対してのコメントは要らないわよん)

このライトエースで斑尾まで引越し荷物満載で走ってきました。
当時の狭い国道117号線を千曲川を見ながら走って、これからの生活に不安と期待で複雑だったのが思い出されます。

liteace.jpg

そして、長野に来てからの最初の車は「スズキ・ジムニー」
当然四駆。
これは長野では圧倒的な人気で「鍋・窯なくても冬はジムニー」ってCMでした。
軽ですが、雪道も平気!
でも、シートは垂直で硬く、乗り心地はお世辞にも良いとはいえなかったわ。
でも、この車で東京・横浜・名古屋・大阪・金沢・・・とペンションの誘客にも出かけたっけ。

jimny.jpg

jimny-2.jpg

そして次も「スズキ・ジムニー」
でも、少し遊び心を入れて、幌タイプ。
オープンにして走ったりしましたね。
フロントも倒れるし、運転席や助手席のドアも外れたような記憶が・・・。
オープンは見ているだけならいいけど、虫がぶつかってくるし、夏は暑いし・・・。

それに幌の部分は雪には弱く、破けちゃうのよねぇ。
シートは少しは良くなっていたけど、相変わらず乗り心地はイマイチ。
あんまり長くは乗りませんでしたね。


escudo.jpg

そして「ジムニー」の兄貴分として発売された「スズキ・エスクード」
これはシートもリクライニングになって、音も静か。
車屋さんは「エスクードなんて、雪国には通用しないよ」と言っていたけど、しっかり走りましたよ。
快適な車でした。
この車で新潟空港までレラを迎えに行ったり。
高速も走ったわ。
12年乗りました。

carutas.jpg

続いてはじめての私の愛車「スズキ・カルタス」
1992年に免許を取って、「どうせ、アチコチ傷を付けるだろうから・・・」というmasaの考えで中古車でした。
2輪駆動なので、夏だけの車。
「雪道なんて危ないから走るな!」といわれていました。
免許は「AT車限定免許」
だからカルタスは当然AT車でした。
20年来の念願だった免許を取得して、羽の生えた鳥のように一人で出かける回数が各段に増えた私でした。
でも、大方の期待?に反して「無事故・無違反」
このカルタスもブロック塀にこすった2cmほどの傷だけでした。



raum.jpg

エスクードとカルタスと2台あった車を不経済だから・・・ということもあり1台にしました。
1999年に「トヨタ・ラウム」。
勿論私に合わせて「AT車」
10年愛用しました。
乗り心地もよく、5人乗れるのでお友達とアチコチ行きましたね。
この車になってから私一人で雪道も走りましたよ。

我が家は二人とも「ゴールド免許」です
でも、何故かmasaは時々捕まります
広い農道のようなところでネズミ捕りに引っかかったり・・・
でも、続けての違反がないので「ゴールド」です。
そして何故か追突されたりします。

私はmasa曰く「世界の七不思議」だそうですが、
捕まったことも事故も経験なし。
怖い思いは度々あるのですが、間一髪で事故にならずに済んでいるのでしょうね。
友人は「丁寧で慎重な運転をするわね」と言ってくれます。
普段のイメージとは違うらしいわ。

ハンドルを握ると性格が変わる人もいるそうですが、事故だけは嫌よね。

そういいながらも私も前にトロトロ走っている車が居ると煽っちゃいま~す
【 2009/07/01 (Wed) 】 生活 | TB(-) | CM(18)
車好きなんでじっくりと見させていただきました。
ライトエースの色って、なんかオイラのワーゲンの水色に似てるような。
幌屋根のジムニーもいいっすね~。
幌は劣化すると破れて雨漏れするのが弱点なんですよねぇ。
オイラのも幌交換にとんでもない費用がかかるので、日頃のお手入れには気をつかってます。

それにしても昔の車のライトって、丸くて優しい感じがしていいもんですね。
【 2009/07/01 】 [ 編集 ]
初めて、ドアにサイドミラーが付いた車に乗った時に、ジジが何度も、何度も私の方を見ます。 あんらぁ~~。アタイに惚れ直したかしらぁ~~ん?と思っていたら、なんて事無い、サイドミラーを見るのに、以前よりも顔を動かさないといけなくなっただけだったんよ。プン。
でも、若い頃のチャコさんのように綺麗だったら、何度も見ちゃうかもね。(若い頃のだよ~~ん。うひゃ!)
【 2009/07/01 】 [ 編集 ]
車が、歴史を、物語ってますね~!
各々の車に、思い出や愛着があり 又その時の色んな
出来事も、走馬灯のように記憶が甦ってきますね
歌なども、しかりですが・・・(^O^)
私も、ある一台の車には、凄く愛着があり 単なる物体と
思えない位に かなり乗り 手放す時は、淋しかった記憶が
あります 主人は、大切に乗る人で、車も満足だったかな~^^
ママ様 本当にモデルみたいに綺麗ですね~good♪
ロングヘヤーが、似会いますね (^_-)-☆
masa様も 凄~くお若い^^
【 2009/07/01 】 [ 編集 ]
我が家にも新PCです。

こうして見ると歴史?!時代の流れを感じるわね。
細かったねぇ~~アタイも大昔は細かったんだぁ~
今でも ペラペラの人もいるけどさぁ~
チャ子さんきちんと写真を保存してるのね。
流石 几帳面なお人じゃぁ~~~
【 2009/07/01 】 [ 編集 ]
チャコさんの頭の中は
色々な事がちゃと整理されているのですね。
我家は何台目の車とと考えても
サット答えが出てきません。

車の変化で時代が分かりますね。
今も昔もチャコさんの立ち姿は素敵です。
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
ヤマダ様へ
我が家は車は「走ればいい」程度の認識ですが、それでも遊び心はあるので色々と買い換えました。
ライトエースの色、そういえば似ていますね。

今はライトの形もとんがっているのが多いかしら。
丸いのも可愛いですよね。
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
ババ様へ
ジジ様の運転歴は長いのね。
サイドミラーが付いていなかった車なんて知らないわv-397

若い頃はだれでも、若さだけで勝負できたのよねぇ・・・v-292
まぁ、誰でも歳はとるから仕方ないっす。
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
ポリ子さんへ
長く使っていれば、無機質な物でも愛着が湧きますよね。
車はドライブの思い出も一緒だからなおさらですね。

masaも丁寧に大事に使うタイプよ。

私のショートヘアーはまだ15年ほどの歴史で~す。
ロングが好きでいつも長かったのよ。
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
どらさんへ
おニューのPCおめでとうv-315
でも、出費は痛いv-388

車で時代背景もわかりますよね。
若い頃は7号サイズでした。
今はかろうじて9号。

引越しでアルバムはかなり整理しちゃいましたが、それでも探したら歴代の車が揃ったわ。
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
頭の中はそれほど整理されていないわよ。
masaと「あの車は??」とか「何年乗ったっけ?」など記憶をすり合わせましたが、判らない部分もありました・・。

時代背景も判るわねぇ。
高度成長期、バブル期、バブル崩壊後・・・。
でも、車無しでは生活できない地域だったから必需品です。
今度のフィットのあとは、シニア電動3輪カートかしらv-8
オシャレな電動カートが出ればいいなぁ。
色は赤ねv-411
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
我が家も 若い頃の初めての車は軽の中古車でしたよ。
愛車の歴史は そのまま夫婦の歴史だよね。v-434
三菱の中古のジープに乗っていた時は4駆の味を確かめたくて
わざわざ雪道に出かけたり、斜面を走ったり
スリル満点のお遊びをしてたような…。

それにしても若い頃の写真はハツラツとしていていいですね。
あ でも今のもんぺ姿での(違った?)
汗水垂らして農作業をしてる姿も美しいっすよ。v-8
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
ぎょぎょ!チャコ様、誤解を解きにやって参りました。
いくら我が家のジジがお年とは言え、サイドミラーのない車の時代には生きておりまへんわい。
私が言ったのは最初の写真の隣の車。サイドミラーがボディーに付いているでしょ?ライトの側に。 それが、最後の写真ではドアーにサイドミラーが付いているでしょ?
最初の写真の時は、頭をあまり回さないで、目をキョロリと動かすと、サイドが充分に見る事が出来たんよ。
でも、ドアーにサイドミラーが付いた時には、結構頭を回転させないと、サイドミラーが見えないっツ~事。
この説明で分かるかしら? 
どらちゃん、分かる?
どらちゃんが分かれば、だいじょーぶだわっさ。
あ~~、びっくした。 アタイの主人は明治生まれかと思っちったわ!
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
どらちゃんが分かれば、だいじょーぶだわっさ。

v-412”意味わかんねぇーし!!”だぁー
免許ありませんよ!ちんぷんかんぷん。
この歳になって後悔は免許とピアノだわよ。
免許は教習所通う!と言ったら 僕が一生運転手になるから必要ない!と言った奴だわさv-359
ピアノは 憧れだったなぁ~音楽やる人は尊敬したけど
最近 考えが折れて来たよぉ~~~
あの方の影響かしら・・・・
【 2009/07/02 】 [ 編集 ]
フーカママさん!現在の写真からも想像出来ますが、
ヤッパシ!若い時からお綺麗だったのですね。

masaさんとミュウ爺は同じ歳でありましたか!
では、運転免許の講習に自動車学校に行かれましたか?
ミュウ爺は10月が誕生日なので、8月に講習です。
落ちたらどうしょうかしら?(汗)
【 2009/07/03 】 [ 編集 ]
カズタンヘ
最初は中古が多いですよね。
三菱のジープ!
高くて買えなかったわぁ・・・。
あの車は頑丈で、どんな悪路でも平気な感じでしたね。
車の歴史は夫婦・家族の歴史ですね。

我が家のワンコも車でアチコチ行ったわ。

もんぺ姿で鼻水垂らして・・・・って読んじゃいましたv-293
もんぺではなくGパンですわ。長靴は履いているけど。
【 2009/07/03 】 [ 編集 ]
ババ様へ
そうだよねぇ・・・。サイドミラーがない車っていうのが世の中に存在しないかもv-15
車の前のボンネット部分に付いていたミラーは外れたり、折れたりした記憶が。

明治生まれ!!v-8
でも、ババ様時々「死語」を使うから、大正生まれかと思っていたワンv-397
【 2009/07/03 】 [ 編集 ]
どらさんへ
「一生君の運転手になるから必要ない!!」
masaも同じセリフを言いました。

「危ないから絶対にダメ!!」と20年言われ続けて・・・。
18年前にmasaが入院した時に、私がアルバイトを使いながら一人でペンションを営業したご褒美にやっと免許取得が許されたのよ。

でも、都会に居たら車がなくてもね。
私も山暮らしをしなかったら免許取らなかったかも。

楽器も憧れるわぁ。
楽器が出来る人って凄いよねv-8
【 2009/07/03 】 [ 編集 ]
ミュウのママさんへ
「今の写真からは想像できませんが・・・」って言われなくて良かったぁv-8

masaは2年後に免許書き換えです。
適正テスト(認知症テスト?)はmasaも心配していますよ。
「今日は何日ですか?」「何曜日ですか?」とか聞かれるんでしょ。
とっさに出ないよねぇ・・・。
あとは5個の図形を見せて、「今見た図形を書いて」とか、「何時何分の時計の針は?」とかって問題らしいですよ。

でも、免許取り消しにはならないんじゃないの。
免許はあくまでも自主的に返還しかないらしいけど。

「運転に注意してください」って言われるのかなぁ・・。

モミジマークもなんだかねぇ・・・。v-34

ミュウのママさんのペーパードライバー返還のチャンスかも!!v-91
【 2009/07/03 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: