071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

野鳥も春?

庭の野鳥のエサ台に、最近よく野鳥が来てくれるようになりました。
コンパクトデジカメでは撮影に限界がありますが、感じは判るかなぁ。

「カケス」です。

CIMG9134.jpg



CIMG9104.jpg


CIMG9131.jpg

CIMG9137.jpg

ちゃんと撮影できればこんなにきれいな鳥です。
やっぱり一眼レフデジカメ購入計画を促進しなくちゃ。

ネットで調べた「カケス」



余談ですが懐メロの春日八郎の「別れの一本杉」の歌詞に出てきます。
♪泣けた、泣けた♪こらえきれずに泣けたっけ♪・・・山のカケスも泣いている♪・・・

私はオンタイムでは聴いていない??
masaに聞いたら、即座に歌ってくれました

こちらは「シメ」
太っちょで、嘴は文鳥のような形で野鳥とは思えないような姿です。


CIMG9142.jpg

「シメ」のネット検索

他にも「ひよどり」

「アカゲラ」
など我が家の餌台が賑やかになってきました。
春だねぇ。
【 2009/02/25 (Wed) 】 野鳥 | TB(-) | CM(16)
v-219楽しみが増えましたね。
どら提案!このえさ台を もう少し 窓の近くに もう一つ増やしたら?
きっと 鳥達も 安全確認合格したので 寄ってきたのね。

その内 リスも来るかも・・人も小動物も集まる”ヴァルトの森”
熊さんも 仲良しになれるかもv-398
庭にキツネやウサギ達がくるなんて 素晴らしい環境です!!

ライフワークで実験してみてよぉ~~大型動物は脱走牛かしら・・・
絵本が書けるわよv-426
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
どらちゃん。窓の近くにえさ台を置いても フーカちゃんが居るから 鳥ちゃん達が来る訳ないのよ。ウフフフ…! お ば か!

春日八郎の「別れの一本杉」をオンタイムで聞いていないv-12
んも~~。 嘘はいけませんわよ。奥様!

masa様は どんな声をしているのかしら? 渋い声? 高い声?
男らしい声? 

ちなみに ジジはね~~。って 止めておくわ。また 何か書かれそうだからさっ!
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
おばかの反撃v-359

今時の 小鳥達は 貴女より賢いかもねぇ~~
一度 ダチョウの脳回路調べてみましょう!
あの鳥 飛べないくせにバタバタとホコリ撒き散らして 身体のわりには
オツムが小さいのよネ 
そう足も大きい、長いねぇ~。

グヤジーーーと泣きながらジジ様の所へお帰りv-15
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
ママ様 大丈夫ですよ~^^
鳥達も最初は警戒していても 其のうち慣れて
だんだんと 傍に寄ってきますよ
写真にも 慣れて? かなり接近して撮っても
大丈夫になるみたいです

他の人ですが 台所の窓の外に高い台があり
其処に ひまわりの種や鳥の餌を置いていると
今はリスや 鳥が毎日 餌を食べにきてますよ
台所の窓ガラス一枚ですが かなり近寄って写真
撮っても 今は大丈夫だそうです
野鳥は いろんな羽模様や綺麗な色のいて
あ!来てる・来てるって 見るの楽しいですね\(^o^)/
まさに 自然の中に住んでる 醍醐味で~~すね
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
ぐやしく 無いもん。 それに オムツ小さくないもん。

あっ! オツムね。 これをカタカナで書くのは止めましょうね.

止めましょう。 なんの意味だろうっかな?

カズタン様わかる?
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
ヴァルトの小動物との会話をテーマに
ファンタジックな童話を書いてみたら?
時にはあの牧場の牛が登場しても楽しいよね。
また 時には酔っぱらいのダチョウが出てきても…v-15
スキーのシーズンオフは 執筆活動してみたら
どうでしょうか。v-530v-529v-528v-532v-533v-521

ババ様へ
「お止めなさいな」は わかったよ。v-426
解らないのは あなた様だけ。v-397
【 2009/02/25 】 [ 編集 ]
カズタン様 うん。分かった。 
でも、分からない人がもう一人居たぁ~~!
だけど、はっきり書かない、あの方も悪いと思うワン。
しかも、チャコさんと理解が違うんすけど、どっちゃが 正しいの?
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
まぁ~だ今日も 早朝から 言ってるよv-293

呑んで徘徊するなv-363ちゅうことですよ。

夜間はダチョウでも目がかすむのでは?!

チャコさぁ~~ん!そちらの綺麗な空気で浄化させたいわぁ~
(あっ・こういう書き方が理解出来ないのね。)

あの方【ダチョウ】を そちらの綺麗な空気で浄化させたいわぁ~
これで 納得かしら・・・キャラとはいえ 難儀なやっちゃ!ジジ様も苦労するわねぇ~~ うひゃぁ~言い過ぎた!!んまぁいいか。お返しと思えばOK
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
そちらの綺麗な空気で浄化させたいわぁ~
これは、即理解しました。

お止めなさいは 私はフーカタンママの解釈と
思うけど どら様答えは?????

気になって~~早く教えてください(^o^)
要するに 洋犬を飼ってる人はお上品な方が多いので
言葉使いも 「やめんかい」を 「お止めなさい」って事
どら様word は難解じゃぁ~~(>_<)
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
どらさんへ
「ベランダ近くに餌台」は研究中よ。
今は雪が屋根から落ちてくるので、春になってからかなぁ・・・。
慣れてくると食堂のガラス越しにみられるらしいわ。

色々な動物が来てくれたら嬉しいわ。
でも、熊は・・・v-12
脱走牛もパスv-40
小動物だけに限定したいわ。

絵本??その素養はないと思うけどv-388
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
私は、カケスの歌は知りません。
ババ様が知っていて、チャコさんが知らない。
と言うことは
どらさんは知っていて、オカンとポリちゃんはしらない。
ジェネレーションギャップ??
それとも親の趣味??

鳥の餌付けは大々的にしない方がいいですよ。
ダチョウが餌を食べにくると怖いでしょう。
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
ババ様へ
フーカがいると小鳥が来ない・・・も一理あるけど、慣れちゃうと案外平気かも。
山でも春になってワンコの抜け毛を巣材にするので、かなり近くまで来て抜け毛を咥えていく野鳥が多かったわよ。

「別れの一本杉」はご幼少の頃の歌で、歌手の顔や名前や歌詞などをトータルで覚えられる年齢ではなかった・・・という事よv-293
結婚して「ナツメロ」番組で「この人誰?この歌はこの人の歌だったの?」と質問して何度もmasaに呆れられましたv-397

ババ様はしっかり聴いた経験があるの?
もしかしてブログ姉妹の最長老v-425

masaの声は美声だって言われま~す。
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
どらさんへ
ダヴョウさん、酔っ払うとますます本領発揮ねv-8

コメの文章の読解力で大騒ぎだわv-292
何の話だか判らなくなってきたぁ~v-217
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
カズタンへ
森の小動物でファンタジックな童話??
できたら楽しそうね。

牛や豚さんや、キジもいるし。
フーカとリンゴの取り合いするカケスとか!
酔っ払いダチョウは夜な夜な登場しちゃうねv-8


「お止めなさいな!」の解釈、違うの??
が~~んv-31
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
ポリ子さんへ
とばしちゃったぁv-15

野鳥も慣れてくると近くまで来るらしいですね。
別荘の人も食堂のガラス越しに見ているって言ってました。

朝は小鳥も活動時間なので賑やかよ。
いつもエサがあれば来る様になるよね。
野鳥図鑑ももう少し詳しいのが欲しいなぁ。
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
「カケス」の歌知らない??
どらさんはきっと知ってるよね。

ジェネレーションギャップv-17
言ってくれるわねぇ。
親の趣味もあるかもね。v-397

カズタンとポリ子ちゃんはまだ態度を表明していないけどv-411

そうかぁ・・・、餌付けも考えないとね。
ダチョウが朝早くから庭に来たら怖いよぅ。

ダチョウの好物ってなんだろう??
ババ様、知ってる??v-397
【 2009/02/26 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: