0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

須坂の雛祭りと銘仙展へ

雪解けが進み、日当たりのよい場所のクロッカスが咲いた。


s-2016_0322_111937-IMG_0001.jpg

お天気に誘われて須坂市の「世界の人形博物館」で開催されている「三十段飾り千体の雛祭り」を見に行った。

壮観でしょ。
飾るのも片付けるのも大変そうだけど・・・

s-2016_0322_140414-DSC07011.jpg

様々な時代のお雛様が。


s-2016_0322_140650-DSC07014.jpg


s-2016_0322_140936-DSC07016.jpg



s-2016_0322_140948-DSC07017.jpg



s-2016_0322_141018-DSC07018.jpg



s-2016_0322_141024-DSC07019.jpg

全国から寄贈された物だそうです。

s-2016_0322_141103-DSC07021.jpg

同じ敷地内にある「歴史的建造物」にもお雛様が。
古い武家屋敷だったかな。


s-2016_0322_141806-DSC07027.jpg




お雛様めぐりの後は「須坂クラシック美術館」へ。
ここは「銘仙」の着物を数多く所蔵しています。
今回も「銘仙展」を開催中です。


s-2016_0322_154647-DSC07058.jpg


銘仙は絹を使っていますが、価格が安かったので普段着として大正から昭和にかけて大流行した着物です。
母や叔母、祖母が着ていたのを覚えています。


s-2016_0322_152415-DSC07034.jpg


ここに展示してあるのはかなりデザイン性が重視されて作られた銘仙ですが、
それでも矢絣など、どこか懐かしい模様も多かったです。


s-2016_0322_152908-DSC07041.jpg


s-2016_0322_153135-DSC07043.jpg



s-2016_0322_153154-DSC07044.jpg



s-2016_0322_153743-DSC07049.jpg


今、「大正ロマン」風な大胆な模様で人気があります。
アンティークもありますが、復刻版の銘仙もありますよ。
価格は高くてビックリですが・・・・。


s-2016_0322_154150-DSC07057.jpg



今回は私一人で出かけたので、masaへのお土産は「須坂煎餅堂」のお煎餅。
(着物などをゆっくり見たいときはひとりが一番)
思わず「真田」と書いてるのを選んでしまった
これはゼラチンとお砂糖で書いてあるそうです。

卵アレルギーの人も多いので・・・とお店の方。
可愛くてなかなか食べられないかも。


s-2016_0322_173307-CIMG7049.jpg






【 2016/03/23 (Wed) 】 写真 | TB(-) | CM(14)
風格のあるお雛様。
こういう催しは混むのでしょうね。
私は混む所が苦手なので、勝浦の100段ひな祭りも行ったことがないです。
地方の町おこしでかなり有名ですが・・・。
銘仙も素敵です。
普段着と言っても絹ですもんね~。
実家の親は銘仙持っているかも?柄が大きくてパッチにも人気らしいです。
目の保養に・・・私も見てみたいです。
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
あーちゃんへ
平日だとそれほどでもないですよ。
桜が咲くころになると混雑するかもしれないけど。
こちらは旧暦なので4月13日まで開催されています。

銘仙、懐かしいですよね。
私の親のは擦り切れていたりして、処分しちゃったのだと思います。
たしか擦り切れやすいのよね。
あーちゃんの実家にはあるの??
パッチにするのはもったいないよぅ・・・v-388
今、アンティークでも人気よ。
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
わぁ〜〜! 可愛いわね、そして綺麗だわ。
どこかのニュースで見たのだけれど、
神社の階段におひな様を飾っていたところが放送されていましたが
雨の日はどうするのかしら? 
日本は素敵な行事が沢山ありますが、
私もあ〜〜ちゃんと一緒で、人ごみは苦手です。
でも、チャコさん、一人で1日を満喫ね。
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
元気印のチャコさんはホントに元気だねぇ~~。
練馬に居た頃は ワタシも負けず劣らずフットワーク良かったよ。
その頃はチャコさんペンションだもんね!今でしょ!ですね。
雛段より クラッシク美術館いいわぁ~~懐かしく観賞されて良い時間ですね・
どれも 母の時代を思い出すわね!今はそんなに高価なんだぁ~~。
今 楽しい事考え中・チャコさんにお願いしようかと・・・・ひ・み・つ・v-8
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
なになに?? なにがひみつなの??
おせ〜〜て〜〜!
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
紅 ママ
早いね! クロッカス咲いたの?
ここも雪解け進んでいるけれど まだ前庭無理かな?

昔のお雛様・着物をみるとホッとします。
アンティーク調の物ってどうしてこうも 心癒やしてくれるのかな?
「真田丸」観ているの?
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
BBさんへ
やっぱりお雛様はなごむわよね。
5月になると「五月人形飾り」も開催されるけど、やっぱりお雛様がいいわね。

勝浦だったっけ?神社の階段に並んでいるお雛様。
あれは雨の時は一斉に片付ける・・・ってTVで言ってたような。
朝から雨の時は飾らないし、期間中毎晩片付けて朝になると飾るらしいよ。
ボランティアの人も沢山いるらしいけど、それでも大変だよね。

昨日は平日だったし混雑はしていませんでしたよ。
私は混雑も平気かな。ただし車を止めるのが困難なほど混んでいるのは嫌かも・・・。

【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
どらさんへ
フットワーク、いいでしょ。
ゆっくり見たいときはひとりで行くわv-8

今回も一番の目的は「クラシック美術館」の銘仙でした。
母の世代が着ていましたよね。

楽しい事?ひみつ?なんだろう。
「クラシック館」は着物で行くと割引料金の日があるのよ。
日曜日だったかな。

今回はどらさんからもらった黒の帯地のベスト、着て行きました。
行く先々で褒められたよ。
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
BBさんへ
ねぇ、ひみつってなんだろうね。
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
今年は雪解けが早かったので、日当たりのよい所に咲いていてビックリです。
いつもママさんの所と同じくらいに咲くのにね。

お雛様の顔も衣裳も時代とともに変化してますよね。
私も古い物の方が好きだわ。
銘仙も復刻版が出回っていますが、やっぱりアンティークがいいわね。



【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
今 断髪から戻りました!
あの北朝鮮の将軍カットの話からv-12サイドを軽く?!だってさ
「実験台でいいよ やってみたらぁ~~」と物分り良い客になりました。
超 断髪カットよ・ フワフワ願望だけど あまりの凄さに「何とかしたらぁ^」とクレームが。
ひ・み・つは状況が整ったら 連絡するわ。
姑が入院中ですから 謙虚な生活してるわv-8
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
どらさんへ
サイドをそんなに短く刈り上げたの??v-12
風邪ひくよ。

ひ・み・つは楽しみに待っていますね。
【 2016/03/23 】 [ 編集 ]
たくさんのお雛様ですね。
昔のお雛様は、その時代で
豪華なものと質素な物とありますね。
お道具手が込んでいてビックリする物のありますね。
でもじっくり見ていると、陶器の顔は少し怖いです。

私も、来年には
チャコさんのように1人で好きな所に行けるようになりたいです。

どらさん、なに!!なに!!
【 2016/03/24 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
全国から寄贈されたものだそうですよ。
着物やお道具なども時代を反映しているのでしょうね。
その時代その時代で女の子の誕生を祝う気持ちは同じでしょうけど。

着物や1お雛様などは私はゆっくり見たいけど、主人はあまり興味がないでしょうからね。
そんな時は一人で出かけます。
母さんも来年はあちこちでかけてね。

どらさんのひ・み・つは何かしらね??楽しみね。
【 2016/03/24 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: