0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

牧草ロール完結編「動画」

先月末のお天気が続いた時に牧草の刈り取り作業をしていたので、通い詰めて?動画に撮りました。


静止画像も撮りましたので、デジブックにまとめるかもしれません。

とりあえず動画でどうぞ!
音楽を入れましたのでボリュームにご注意くださいね。


牧草用の畑は3000坪ほど。
刈り取り、乾燥、ロール、ラップ・・・と作業があるので最低でも2日間は晴天であること。
もしにわか雨でも降れば、せっかく育てた牧草がダメになっちゃうそうです。



「牧草刈り取り作業」

大きな芝刈り機のような機械で畝状に刈り取って行きます。





「牧草乾燥中」

刈り取った牧草をかき回して乾燥させます。







「ロール巻き作業中」
乾燥した牧草をかき集めながら、圧縮してロールに仕上げます。

この機械、すっごく高いらしい。
新車だと1000万!!
でも、機械が無ければ出来ないですよねぇ。














「ラップ中」
ナイロンラップでクルクル巻いていきます。
色は黒や白が多いですね。
色の違いはそれほどないそうです。

畑でここまで作業。
この後牧舎に運んで牧草を発酵させて飼料にします。

乳牛さんたちも美味しい牧草は分かるそうですよ。








【 2012/07/18 (Wed) 】 生活 | TB(-) | CM(16)
これ、とても興味があったので 楽しく拝見致しました。
運転されている方も 前を見たり、後ろを見たり!で大変ね。

昔子供時代に読んだ本で「あ〜〜ん。 書く前まえ覚えていたのに、忘れたよ〜〜ンv-12』 壁にペンキ塗りをしている人をみて「僕たちもやってみたい!」という子供達が居て、でも最初は面白いけれど、やってみると大変で、直ぐに根を上げてしまう。そんな本を思い出しました。
色々な機械が使われているのね。 
あ〜〜v-10 たのしかった。
【 2012/07/18 】 [ 編集 ]
ナルホドv-91高額機械?!納得色付きの文字
操作する人も熟練・確かに お天気仕事だわ。
発酵干し草を食べるのね・へぇ~~~v-426
お勉強になりました。この作業をジ==ッとカメラに収めた
チャコさんにも 拍手だわ。
≪ここは 何処かと違って ネタ切れ!なんてないわね。≫
炎暑でないと出来ない仕事もあるのよネ。
牛さん達もきっと美味しい干し草食べられるわ。


【 2012/07/18 】 [ 編集 ]
BBさんへ
興味ありましたか!
私もジックリ見た事がないのよ。
いつも車で走っている時に「アッ!作業してる!」と思っても帰ってくるころには終わっていたり・・・。

楽しそうだけどやる人は大変よね。
「コロンと出てきて面白いですね」と言ったら「自分では見たことがない・・・」と。
そりゃぁ、そうよね。

今度動画をコピーしてプレゼントしようかと思っています。
【 2012/07/19 】 [ 編集 ]
どらさんへ
農業機械などは製造台数の関係もあるのでしょうが、高いですよねぇ。
昔はフォークのお化けみたいなので手作業。トラックに積んでまたサイロに入れて・・・と重労働だったのでしょうね。

「自分で作った牧草で自分の牛の飼料を賄えるのが一番安心!」と言っていました。
「美味しくないと牛も食べないんだよ」って。
【 2012/07/19 】 [ 編集 ]
面白い!!
草ロールは見たことがあるけれど
作る工程は初めて見ました。
コロンと出て来る所と
クルクルビニールで綺麗に巻かれる所に楽しかった。

これだけの機械の減価償却を考えると
相当広い牧草地があるのね。
【 2012/07/19 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
草ロールは見るチャンスが多いですね。

創作過程?はこんな風なのよ。
牧草をかき集めて、コンプレッサーで圧縮しているそうです。
コロリンと出てくるのが可愛いですよね。
ラップ巻きも凄いでしょ。

減価償却?そこまでは聞かなかったわぁv-8
今の時代は人件費より安くつくかも。
【 2012/07/19 】 [ 編集 ]
動画を見せてもらう人は面白いけれど、作業車を運転する方は大変ですね。
お知り合いですか?
動画を撮るフーカママさん、あまり近づくと怖いでしょう?
望遠で撮らないと草と一緒に巻き込まれたら…v-12
【 2012/07/19 】 [ 編集 ]
このような作業車があるから
ひとりで短時間にここまでできるのね。
1000万円は納得だわ。
人件費を考えたら、ずーっとこれからも使う物だから
長い目で見ると人を雇って手作業で行うより効率も良いのでしょうね。

「自分で作った牧草で自分の牛の飼料を賄えるのが一番安心!」
という、このこだわりには拍手を送りたいですね。
素敵な酪農家さんだわ。
【 2012/07/19 】 [ 編集 ]
これだけの 取材には結構日数と時間がかかりましたね。
ひろ~い牧草畑の刈り取りからロール仕上げまでv-425
農家さんは 農機具にとても資本が掛かっています。
一軒が大型化されていますので すべて機械に頼ってしまいますね。
この数種類のトラクターを入れる格納庫・機材を入れる倉庫
もちろん 乾燥ロールを入れる倉庫 
そして 牛舎・住宅 ・・・ 何だか考えただけでも・・・
だから 農家にはお嫁に行きません v-363
と 家を出た私 ・・・ 何が良かったのかはわかりません。
煩悩と戦っています。v-292
【 2012/07/20 】 [ 編集 ]
ア・トリエ みしんさんへ
牧草の畑には入らずに道路際で撮影していますよ。
埃はかぶりましたけどv-290
あまり近づくと作業している人も迷惑でしょうからね。

知り合いではないです。でも、まぁご近所かな。
「撮影させてください」と頼んで撮りました。

産業機械は事故も多いですからね。
作業していた方も「結構事故が多いんだよ・・・」と言っていました。

安全第一ですね。
【 2012/07/20 】 [ 編集 ]
カズタンへ
晴れた日が続くのと、牧草の成長具合を考えて、2日間ほどですべて終わらせてしまうようです。
ロールにしてから雨に濡れたら使い物にならないそうで、空を見ながらの作業は長年の勘だそうですよ。
「気象予報よりも自分の勘が一番!」とv-425

これを人間の手でやる…と考えたら気が遠くなりそうですよね。

農業もしっかりとした考えを持って経営されている方も増えてきましたね。
でも、酪農家もどんどん減っているそうです。

難しい問題ですね。

今度この牧場の牛乳を飲ませてもらいたいなぁ…と思っていますv-529
【 2012/07/20 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
出掛けるたびに車にはカメラを乗せてv-212
午前、午後と通いましたね。
およそ3000坪の牧草地が2か所。それ以外にも牧舎の近くにももちろんあります。
牧舎の近くには作業車の車庫。
メンテナンスもあるし、大変でしょうね。
牧草ロールはラッピングしたのを屋外に積んであります。
でも場所は必要だし・・。
色々考えると苦労があるわよね。

人生は何が良かったか・・・は最後まで分かりませんね。
でも、今を大事に楽しく!!だわ。





【 2012/07/20 】 [ 編集 ]
一挙に観てしまいました。

牧草ロールは何度も見たことがありますが、刈り取り~乾燥のための撹拌、そしてラッピングの通常版と特異版まで見せていただいて、ただただ感心するばかり。

オペレータさんの拘り度合いもかなりなもので、興味を引かれました。

これだけの作品の撮影者にも頭が下がります。
いいもの見せていただきました、ありがとう!
【 2012/07/21 】 [ 編集 ]
干し草ロールはこちらでは見たことがありません。
と言うか…大きな牧場が近くにないからでしょうね(笑)

ロールにする過程は納得できました(^^)
ラッピングは興味津々でしたが丸いものを包むのは、大きさに関わらず要領が同じで面白かったです。

ママさん撮影してくれてありがとう。
また一つ脳みそにシワが増えました(^^)
【 2012/07/21 】 [ 編集 ]
I夫婦さんへ
お久しぶりです。
これは実際に見たらもっと感動しますよ。

作業風景をなんとか全部撮影したいと…頑張りましたぁv-91
特大のロールはラップする機械に乗せるのがやっとの大きさでだったようで、細心の注意を払っていましたね。
この拘りはIさんが好きそうv-8


夏には来られますか?待っていま~すe-343
【 2012/07/21 】 [ 編集 ]
みやこさんへ
牧草ロールはそうそうあちこちで見られるものではないですね。
私もこんなに近くでシッカリみられるとは思っていませんでした。

ロール状の物を包むのはこの方法が一番なのでしょうね。

脳みそのシワが増えた?
それは良かったですねv-8
【 2012/07/21 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: