071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

11日ぶりに滑ってきました♪

連日の雪かきでヘロヘロだったけど、今朝起きたらなんと青空
久々のピーカンですよ。
これは滑りに行くしかないでしょ。


家の前の道もこんなに雪の壁が。

s-2012_0203_092824-CIMG0814.jpg



牧場と黒姫山。
牧場の柵のポールもすっかり隠れましたね。
ポールは120cmくらいかな。
ポールが隠れるのはあんまりないので今年はやっぱり積雪が多いですね。


s-2012_0203_092938-CIMG0816.jpg


県道に出る道路の雪の壁は1メートルちょっと。

s-2012_0203_093305-CIMG0818.jpg



スキー場に近づきました。
雪の壁高い!!
雪を飛ばす「ロータリー除雪車」もフル回転。


s-2012_0203_101109-CIMG0819.jpg

この「ロータリー除雪車」は2000万円もするんですよ。
雪の壁は3mはありそう。




s-2012_0203_101114-CIMG0820.jpg



スキー場はいつもの「斑尾高原スキー場」
スーパークワッドリフトを降りたところの高い雪の壁!!
こんなに高くなっているのは見たことあるかなぁ・・・。

s-2012_0203_114110-CIMG0831.jpg


冷え込んでいたので雪は良かったわ。

s-2012_0203_113911-CIMG0830.jpg


駐車場でも雪の壁をバックにパチリ!

s-2012_0203_124641-CIMG0834.jpg


市街地に降りる途中のビューポイント。


s-2012_0203_130249-CIMG0838.jpg


「高社山」と後ろの高い山並みは志賀高原。


s-2012_0203_130258-CIMG0839.jpg




市街地の歩道。
歩道を専門に除雪する小さい「ロータリー除雪車」もあるんですよ。

s-2012_0203_132708-CIMG0842.jpg



集落では晴れ間を利用して屋根の雪下ろしをしている人が沢山いました。

s-2012_0203_142102-CIMG0845.jpg


事故が多いからでしょうか、命綱をつけたり、下で見張っている人がいましたね。

住宅密集地は自然落下方式の屋根にするのが難しかったり(雪が道路に落ちたり、隣の敷地になだれ込む・・など)。
その為に屋根に「雪止め」というのをつけて雪が落ちないようにしている家もあります。
だからこうやって雪下ろしをしなくてはならないのですね。



s-2012_0203_142529-CIMG0848.jpg


寒気団も少しおとなしくしていて欲しいわぁ。
【 2012/02/03 (Fri) 】 スポーツ | TB(-) | CM(15)
NoTitle
当たりぃ~v-363今日は行ってるなぁ==と  笑
気持ち良く これで明日の雪かきにも元気が出るのね。

東京からのスキー客の運転ミスが多発だそうで JAFは
フル回転だそうよ。
見てたら 雪道も怖いわぁ~~。
屋根の雪下ろしも 事故が多いし2人でやるべし!!との事。
そら君 雪中待機だったの?!

【 2012/02/03 】 [ 編集 ]
どらさんへ
あら、バレちゃいましたかv-8
(明日は婚礼の仕事なんだぁ・・・)

雪道に慣れていない人はチェーン巻くのが面倒だから、ギリギリまで走っちゃうのよね。
坂道でチェーン巻くなんて難しいし、渋滞の原因だわ。
チェーン持参すればまだいいけど・・・v-388

ソラ?もちろん外でセコムよ。
今日はお日様が出てたから暖かかったと思うわv-397
【 2012/02/03 】 [ 編集 ]
NoTitle
11日もあくと、結構お久しぶりでしょうか?

雪の壁、見たことないです。
除雪車が通った後にできるのですか?

雪に埋まったら重くて身動きできないそうですね。
フーカママさんもくれぐれも気をつけてください。
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
NoTitle
エネルギッシュなママさんですね。v-397

雪の白さと空の蒼さが素晴らしい~
雪質もサイコ~でしたか?
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
NoTitle
スキーに行けて良かったですね。
頑張って雪かきをしたご褒美をお日様がくれたのですね。
それにしても雪の壁はスゴイですね。

そら君は、お日様の日差しを浴びながら
雪の上でウトウトしながらお留守番だったのでしょうね。
明日も晴れると良いね。
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
NoTitle
雪の壁が志賀草津ルートみたいになってますね~。地元の人も驚く大雪でしょうか?自動的に雪が落ちるようになってない屋根の家はそういう事情があったんですね~。昔っからのウチは雪用の池とかありましたもんね。
あ~今日は思わしくない事があったので、私もスキーに行った気になってリフレッシュしよう~~~~!
ピリカ母さんの心配してる場合じゃ~なくなっちゃったわっ!
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
NoTitle
この豪雪。
スキーにはもってこいでも、
雪かきでお亡くなりになる方が多数@P@!
高齢者には雪かきは本当に大変な仕事でしょうね。
こんな晴天が続くといいのにね。

だけど、TVニュースで楽しいニュースもやっていました。
ワン子ちゃん達と一緒にスキーって。
リュウシャンも連れて行って、フーカママと一緒に全て欲しいわ~~。!!
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
yuminさんへ
そうですねぇ。週に2回は行く予定でいたので、シーズン中に11日も行かない・・・なんてね。
でも、連日雪でしたから仕方ないです。

除雪車が除雪した雪が壁になるんですよ。
凄いでしょ。

雪は軽いように見えるけど、大量になればかなりの重さになりますね。
屋根から落ちた雪は締まっているから余計重いです。
作業は気をつけないといけないですね。
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
遊ぶことにかけては欲張りで~す。

青空が広がるとホッとしますね。
それがね・・・。雪質はイマイチに感じたのですよ。
良く表現できないのですが、なんとなく・・・。
足前が落ちたかなv-397
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
ご褒美かしらね。
晴れると気持ちがいいですね。

雪の壁、高いでしょ。
私達も久々に見たかもしれません。

ソラは誰もいなければきっと日向ぼっこして寝ていると思いますよ。

しばらく穏やかだといいですね。
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
リイチさんへ
「志賀高原ルート」か「黒部の雪の回廊」か・・・という感じね。
う~ん、これだけ高くなるのは久々かな。

屋根に横に桟のように割っているのを見たことないですか?あれが「雪止め」なんだけど。
消雪池、ありましたよね。
今は少ないかな。

アララ・・・。リフレッシュしてくださ~い。
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
BBBさんへ
スキー場も多すぎても困るのよ。
なんでもほどほどがいいわね。

除雪中の事故は毎年あるんですけど、今年は特別ですね。

ワンコとスキーは楽しそうだけど、ソラとは無理かな。
あんなに引っ張られたら転んじゃうもん。

りゅうしゃん、いつでも来ていいわよ。
全てあげるからさv-8
【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
NoTitle
全てくれるの~~~@P@!
フーカママのすべてを~~~@P@!
りゅうしゃんに 欲しいかをきいておくね。

滑ってくれたわね。オホオホホホ…。

【 2012/02/04 】 [ 編集 ]
NoTitle
この程度は大目にスルーだわね。
変換ミスはキーボードだけにしたいものよv-15
ねっBBBさんv-397
アタイ等 もう脳内変換期のお年頃だから・・・
今日も言われたよ!セーター逆じゃないの?!って・・・
【 2012/02/05 】 [ 編集 ]
どらさんへ
そうね、この程度の変換ミスは流さなきゃv-8

セーター逆?
後ろ前?
裏表?

今、裏だか表だかわからないのもあるじゃないv-398

今日も晴れたから滑って来ましたv-223
【 2012/02/05 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: