061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

キュウリのビール漬け

CIMG9587.jpg


どらさんから「キュウリのビール漬け」のレシピを!とリクエスト。

キュウリ 500グラム(約5本)

※漬け汁
砂糖 50グラム
塩  20グラム(キュウリの重さの4%)
和からし粉 大さじ 1
お酢 35cc

容器にキュウリが平に並ぶように。
上の「漬け汁」を良く混ぜてキュウリにかける。

※漬け汁をかけてからビール100ccを上からかける。

冷蔵庫へ。
途中で一度キュウリを天地返ししてあげる。
2日目くらいから食べられる。

大根、茄子、にんじんなども漬けられるがキュウリが一番美味しいかも。
ビールは発泡酒でも大丈夫だったような・・・。

お試し下さい。


【 2009/07/29 (Wed) 】 料理 | TB(-) | CM(9)

牛さん

雷雨が多いヴァルトですが、今日は朝から晴れ

牧場の牛さんたちもノンビリ
何故か1頭だけ立っています。見張り番??

CIMG9579.jpg

1頭離れた場所にいます。
集団行動はお嫌い?

CIMG9582.jpg
【 2009/07/28 (Tue) 】 | TB(-) | CM(13)

本日の収穫

本日の収穫で~す。
昨日収穫しなかったら、キュウリ大きくなり過ぎ

ピーマンもナスもあまり大きくならないうちに収穫しちゃいます。
庭のパセリも大きな株になったので、刈り取りました。
パセリは冷凍保存。

7-28.jpg

畑で「モロッコインゲン」をいただきました。
どこの畑も採れ過ぎても困るようです

7-28-2.jpg

ジャガイモ(男爵)は「雨が多くて、土の中で腐っちゃう・・・」と聞いたので、少し収穫してみました。
でも、やっぱり早過ぎたようです。
男爵芋のホクホク感が少ない・・・。

もう少し土の中に埋めておいたほうがいいみたいですね。
土の中で「でんぷん質」が増えるらしいので、「遅く収穫したほうがいいよ!」と教わりました。

今までの山と生育がかなり違うので収穫時期も悩んじゃいます。
【 2009/07/28 (Tue) 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(0)

キュウリが豊作

家庭菜園も長雨と日照不足で心配しましたが、キュウリは豊作です
というか、キュウリしか収穫できない・・・
美味しいからいいんですけど、キリギリスじゃないんだから。

CIMG9574.jpg


こちらはカボチャ。
ツルが伸びて、花も咲きました。

CIMG9568.jpg

カボチャの花。

CIMG9569.jpg

子供カボチャ
「坊ちゃん」という小さい種類のカボチャなのであまり大きくなりません。
大きなカボチャだと食べきれないからねぇ。


CIMG9570.jpg
【 2009/07/26 (Sun) 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(16)

自費出版は挫折して

早太郎と生駒の思い出を記事にしていますが、この記事の元になっているのはアルバム2冊。

CIMG9565.jpg

生駒がお星様になってから、なんとなく思い出を記録しておこうか・・・という事になりました。
masaと「こんなこともあったね」とか「あの時はこうだったよ」などと話しながら、まとめた文章と写真があります。

生駒がお星様になったのは1990年。
当時はバブルの崩壊直前。自費出版もブームだったような・・・。
「自費出版しようか!」などと言いながら、masaは文章を書いていました。

CIMG9567.jpg

ところが、そんな時にmasaが胃の手術で入院。
出版の費用は入院・手術費に消えました・・・。
バブルも崩壊しちゃったし・・・。

CIMG9566.jpg

出版はあきらめたけど、書き溜めた原稿はもったいない。
ということで、当時の常連客で仕事も手伝ってくれたU子さんに頼んで、原稿をワープロで打ってもらいました。

そして、原稿と写真をアルバムに貼り、「さようなら生駒」という2冊の思い出集が出来たのです。
今回の回顧録はそのアルバムを見ながら記事を書いています。

しばらくは回顧録が続くかな。
【 2009/07/24 (Fri) 】 ワンコ | TB(-) | CM(12)

我が家の「北海道犬史」 名前の由来

hayaiko-1978-3.jpg

「早太郎」と「生駒」
長野に来て飼い始めたワンコの名前は「長野にちなんだ名前にしよう!」と思いました。

「信州の民話」という本の中から、妖怪退治をして村人を救った犬の名前が「早太郎」。
今でも長野県の駒ヶ根市の「光前寺」というお寺に「早太郎のお墓」と「早太郎像」があります。

「霊犬早太郎伝説」

haya-1977.jpg

そして「生駒」は同じく民話から「望月の駒」の中の馬に恋したお姫様の名前「生駒姫」からとったのです。

民話「望月の駒」

hayaiko-1978.jpg

男の子は勇猛果敢な主人公の名前、女の子は恋物語のヒロインの名前。
と親は期待をこめて命名したのですが、親の期待は往々にして裏切られるもので・・・。
【 2009/07/22 (Wed) 】 ワンコ | TB(-) | CM(12)

我が家の「北海道犬史」

初代看板犬「早太郎=はやたろう」と「生駒 =いこま」
アイヌ犬という聞いたこともない犬種でした。
当時は「アイヌ犬」と呼んでいましたが、「アイヌ」は蔑称である・・・という説があり、後に「北海道犬」と呼ぶようになったと聞いています。

1978-1.jpg

我が家の北海道犬の歴史は1977年から始まりました。
憧れの長野で雪国暮らしを始めた夫婦。
「横浜から引越したら犬を飼う!」と決めていました。

1977年の夏にペンションをオープンし、少し落ち着いた秋に「仔犬が生まれたら教えてください」とアチコチに頼んでいたのです。
地元の焼き鳥屋さんで「牝3頭、牡1頭の仔犬が生まれたよ。血統書はないけどアイヌ犬だよ」
「では、牡をもらえますか?」
そして、しばらくしたら焼き鳥屋さんが2頭の仔犬を連れてやってきた。
頼んでいた牡は真っ黒な顔をしたタヌキのような仔犬。立派な「盗っ人顔」でした。
「1頭だけお願いしたんだけど・・・」
「色があんまり違うので、白も連れてきた。牝だけど」
白い牝は白熊のヌイグルミのように可愛らしかった。

hayaiko-1977-5.jpg


もちろんmasaは1頭だけ飼うつもりでいた。
でも、白熊のような牝をみた私は「2頭飼っちゃダメ?」と必死で懇願。
「兄弟姉妹、離れたら可哀想だし・・・」とか「1頭じゃ寂しいかも・・・」とか。
それを見透かしたように「ここで飼ってくれなかったら、千曲川に流しちゃいます」と言う焼き鳥屋さん。
脅迫?にまんまと屈した私達は2頭を飼うことにしたのです。

ちなみにこの時は、日本酒の1升瓶2本と交換でしたぁ。
血統書はなかったけどね。

hayaiko-1977-4.jpg


母犬が歳を取っていて子育てを放棄してる。眼が開いているし、ミルクも飲めるから・・・と生後15日ほどの仔犬を置いていってしまいました。

確かに眼は開いていましたが、まだ膜がかかっているような状態でした。ミルクも飲む・・・というより吸うことしか出来ない仔犬。
それから1週間ほどは、3時間おきにミルクを与え、排泄の世話もする毎日。
夜中でもピッタリ3時間で「クゥ~ン、クゥ~ン」と泣いて起こされました。
母犬の代わりをしてなんとか育てましたが、今思うとなんの知識もないのに無謀なことをしたものですね。

ミルクを飲む時はお尻を押さえていないと、顔からミルクに飛び込んでしまうオチビ達。
この時「早太郎」が850グラム、「生駒」が650グラムでした。


hayaiko-1977-3.jpg



少ししっかりしてきた頃。這いつくばるようにしていたのが歩くようになりました。

2頭の足型をとりました。
生後20日目くらいのフットプリントです。

hayaiko-1977-6.jpg


【 2009/07/21 (Tue) 】 ワンコ | TB(-) | CM(14)

テンプレ

花火のテンプレが見難い・・・という声あり。
変更してみましたよん。

【 2009/07/17 (Fri) 】 生活 | TB(-) | CM(16)

ひぐらし

暑い日が続いていますね。
ヴァルトも夏本番になりました。

昨日の夕方、「ひぐらし」が鳴いていました。
「ひぐらし」は夏の終わり頃に鳴く・・・と思われていますが、実際には早くから鳴いているようです。

一緒にウグイスも鳴いています。







少しは涼しさをお届けできるかしら。






ブログのテンプレートも夏バージョン。「花火」で~す。
【 2009/07/16 (Thu) 】 | TB(-) | CM(15)

梅雨明け!

関東甲信は昨日梅雨明けだそうです。
今日はヴァルトも暑い!!
予報では32度にもなるらしい
基準は町役場がある付近の気温だろうから、ヴァルトは標高が高い分、少しは過ごし易いかなぁ・・・。


町営牧場からみた「黒姫山」

7-15-3.jpg

牛さんも暑いのか、牧場の中の水飲み場に集結していました。

7-15-2.jpg

1ヶ月ほど前から姿を現した「ブタ」さん。
背丈ほどもあった草は全部食べつくしてしまいました。
左側に餌場と水場があります。

さすがに暑いのか動きが鈍い

7-15.jpg
【 2009/07/15 (Wed) 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(12)

アンズジャム

7月も中旬、「ジャム手帳」をみたら、そろそろアンズジャムを作る時期でした。
早速、ジャム用のアンズを購入。

大きなアンズでしょ。
(ワタシ、顔が丸い?ビールの飲み過ぎかなぁ・・・)

anzu-09.jpg

種を取って、適当な大きさにカット。
お砂糖をいれてアクを取りながらコトコト煮ていきます。

アンズは30分もすれば煮えますね。

anzu-09-2.jpg

瓶に詰めて出来上がり!!

anzu-09-3.jpg

冷めたらラベルを貼りま~す。
甘酸っぱい味が夏らしいジャムです。
ご注文もお待ちしています。

masaも「ロースハム」、「ソーセージ」、「ベーコン」と燻製品の製作に忙しくしていますよ。

関東甲信は梅雨明けらしい!

標高800メートルのヴァルトは最高気温25度。最低気温17度。
朝晩は涼しいです。
2階の寝室の窓を開けて寝ると寒くなってしまいます。
クーラーだけは要らないわ。


【 2009/07/14 (Tue) 】 ジャム | TB(-) | CM(12)

久々にミシンかけ

連日の雨で畑作業も出来ないし・・・。
久々にミシンをだして、ちょっとソーイング

「ボックステッシュのカバー」
ネットで検索したら簡単な作り方がありました。
正方形の2枚の布を四角に縫って、折りたたむだけで出来ちゃいます

CIMG9553.jpg

生地が入っているダンボールからデニム生地と小花プリントの木綿生地を探し出して。


CIMG9554.jpg

リバーシブルにもなります。
ボタンは「くるみボタン」になっていましたが、古い洋服を処分したときに取っておいたボタンを再利用。
洋服を処分する時に、ファスナーやボタンはなんとなく捨てられません。
母がそうやっていたのを見ていたからかしら。
とりあえず2個作りました。

1個は新車に乗せて使います。
カッチリしていたほうがいいので、デニムを使いましたが、柔らかい生地の方がいいかなぁ。

着物の端切れも沢山あるので、パッチワークでも作ってみようかな。

【 2009/07/10 (Fri) 】 手芸 | TB(-) | CM(16)

収穫始まる?

雨が続いているヴァルトですが、やっと家庭菜園の野菜たちの収穫が始まりました
雨続きで病気も心配ですが、今のところ大きな被害はないようです。


yasai-7-8.jpg

とりあえずの収穫野菜。
3本、キュウリ1本、ピーマン4個、ズッキーニ2本、二十日大根の「白姫」少々。
二人でたべるには充分です。
「白姫」は生のミニ大根と言う感じですが、辛みはなくシャキシャキしています。
味噌をつけて食べました。
勿論のつまみ。


ピーマン、ナスは牛肉の細切れとサッといためて味噌風味の中華風で。
収穫したばかりの野菜は色も鮮やかです。

畑を借りているお婆ちゃんが、ご近所からいただいたサニーレタスをお福分けしてくれたので、サラダも出来ちゃいました。
家計に優しい夕食でしたぁ

ズッキーニはランチのパスタに使う予定
【 2009/07/09 (Thu) 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(10)

レラの一周忌

今日7月8日はレラの一周忌です。
もう1年です。早いですね。
リタイアして、ヴァルトに住んでから1ヶ月ほどでした。
「ここなら大丈夫!」と安心して逝ったように思います。

今頃、お転婆フーカの世話に苦労しているかなぁ・・・。


ヴァルトで撮影した家族写真。2008/7/1撮影。
これが全員揃った写真の最後になりました。

kazoku-7-1-4_20090708125617.jpg

引越してからも庭を歩いて元気でした。

CIMG7088_20090708125617.jpg

2年前の2007年用の家族写真。

nennga-2_20090708125618.jpg

【 2009/07/08 (Wed) 】 ワンコ | TB(-) | CM(12)

七夕の日ートレッキング

今日は七夕ですね。
お天気もまあまあだったので、志賀高原にトレッキングに行ってきました。
フーカも一緒にドライブです。
レラ姉さんはザックでお休みしています。ご老体ですからね

siga-7-7.jpg

目指すは「田の原湿原」。
ワタスゲの群落を見たかったのです。
7月になると今までは気ぜわしくて出かけられなかったので、「ワタスゲ」や「ニッコウキスゲ」の群落は見られませんでした。

tanohara-2.jpg

ところが、今年は遅かった・・・
土曜日に志賀高原観光協会に確認したら「今が見頃です!」って言われたのに・・・
チラホラしか咲いていませんでした。
湿原を埋め尽くすような景色を想像していたのでショック。

watasuge.jpg

群落を見るのは来年までお預けですね。

watasuge-2.jpg


でも、気を取り直してレラとフーカを木道において撮影。

tanohara-3.jpg


国立公園でワンコは入れない場所もこれからは一緒に歩けるね

siga-7-7-4.jpg


【 2009/07/07 (Tue) 】 スポーツ | TB(-) | CM(12)

1ヶ月が経って・・・フーカの思い出

フーカとの突然の別れから1ヶ月。
今でも庭にいるような、散歩の催促をしているような気がします。
この1ヶ月間ずっと忘れ物をしたような毎日でした。

でも、本当にいないんだ・・・。
側で見守っていてくれているかもしれないけど、
あのフワフワした温かい身体を抱きしめてあげる事はもうできない・・・。



思い出の中でしかフーカの話が出来なくなりましたが、折に触れて思い出画像を載せていきたいと思います。

フーカは血統書名は「風花」
雪に舞う「かざはな」をイメージしてつけた名前です。
歴代のワンコが我が家の子になった時に「手形」を取っていました。
フーカの可愛い手形です。


hoka-tegata.jpg

新潟空港で初めての家族写真。2004/5/26

5-26-7.jpg

体重測定。2.3キログラム。2004/5/27

sokutei-5-271.jpg

【 2009/07/03 (Fri) 】 ワンコ | TB(-) | CM(12)

我が家の愛車史

雨の7月1日になりました。
もう半年が経過しちゃったんですね。

さて、新しい愛車「ミラノレッドのフィット」が来ましたが、今までの我が家の愛車は・・・と古いアルバムを見ました。

40年前最初に購入した「三菱のミニキャブ」。
中古車でした。
花屋を始める時に、masaは免許を取得。
川崎の中古車販売店から7万円で買い、免許取りたてで第二京浜を横浜まで運転して帰りましたが、怖かったぁ!!なんてもんじゃありませんでしたぁ。
この「ミニキャブ」、エンストは日常茶飯事・・・
バッテリーを外してGSに持っていったり。
下り坂で「押しがけ」というのをよくやったっけ

今回写真をよくよく見ると「MINABIC」になってる
「MINICAB」がバラバラになり、整備した人が適当に並べ替えた??
まぁ、アバウトな時代でしたねぇ。
隣の車も時代が感じられる車体ですねぇ。

minicab.jpg


あまりにもトラブルが多いので、新車を購入。
「トヨタ・ライトエース」
これは非常に快適で、感激したのを覚えています。
これ以来masaは中古車を買う事はなくなりました
(車の横に写っている人間に対してのコメントは要らないわよん)

このライトエースで斑尾まで引越し荷物満載で走ってきました。
当時の狭い国道117号線を千曲川を見ながら走って、これからの生活に不安と期待で複雑だったのが思い出されます。

liteace.jpg

そして、長野に来てからの最初の車は「スズキ・ジムニー」
当然四駆。
これは長野では圧倒的な人気で「鍋・窯なくても冬はジムニー」ってCMでした。
軽ですが、雪道も平気!
でも、シートは垂直で硬く、乗り心地はお世辞にも良いとはいえなかったわ。
でも、この車で東京・横浜・名古屋・大阪・金沢・・・とペンションの誘客にも出かけたっけ。

jimny.jpg
【 2009/07/01 (Wed) 】 生活 | TB(-) | CM(18)
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: