091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

念願の「蛍柄の帯」♪

今日は台風の影響なのか南風で気温も30℃になる予報・・・・。
暑いわぁ。

そんな暑い中、先日、定例の善光寺のお茶会に行ってきました。
母が着ていた紺の絽の付け下げに蛍柄の夏帯。

s-2017_0803_094100-IMG_0002.jpg

生成りの地に夏草と蛍。

s-2017_0803_094152-IMG_0003.jpg

前にもホタル。

s-2017_0803_094220-IMG_0005.jpg

暑いからなのかご一緒したのはKさんだけでした。
Kさんは黒地に細い縞の麻の着物。
サラッとした麻の感じが涼しげでした。


s-20596980_1817520268559468_556928169912518637_n.jpg

善光寺大勧進の前で。
まだ蓮の花が咲いていました。

s-20614829_1286167828172714_1767176234_n.jpg


お茶室「沈香亭」はすだれがかかって涼しげなしつらい。

s-2017_0803_115921-CIMG0528.jpg


夕方もにわか雨が降らなかったのでベランダBBQ.。

s-2017_0803_165612-CIMG0530.jpg



s-2017_0803_165732-CIMG0531.jpg


ソラにもトウモロコシと枝豆をお裾分け

s-2017_0803_171923-CIMG0532.jpg

念願の「蛍柄の帯」。

s-20614803_1286166351506195_1330981305_n.jpg

お話は長くなりますが・・・。
蛍には特別な思い入れがありました。
30年程前、実家の母がくも膜下で倒れ、そのまま旅立ちました。仕事が忙しい時期で慌ただしく葬儀に駆けつけ、ローカル電車の終電に間に合うように「あさま」に飛び乗って帰宅。まだ新幹線もない時代。悲しむ時間もない別れでした。
その年の7月の新盆にも横浜には行かれず、8月の旧盆を長野でしました。母も横浜と長野の両方に来てくれるよね・・・と。
迎え火を焚いて、夜遅くなった頃、庭に小さな光が。出てみると1匹の蛍が飛んでいました。
「蛍が飛んでいる・・・」と手を伸ばすと掌に止まり光っていました。その時「母が蛍になって逢いに来てくれたに違いない!!」と。
それから毎年庭で蛍を見るたびに「あぁ、また母に逢えた」。そして蛍の模様の物を手元に欲しいなぁ…と思いましたが、あるようでなかなか巡り会わない。
せっかくだから着物関係がいいと思い、いつからか「帯」を探すようになっていました。
先日、まさかの「蛍模様の帯」と遭遇。やっと手元に来ました。
今日は母の着ていた紺の絽の着物に蛍の帯を合わせて出かけました。仏壇にもお線香をあげて報告しちゃった。

母の着ていた着物、大事に着続けたいと思います。


【 2017/08/05 (Sat) 】 生活 | TB(-) | CM(12)
やっぱり遠くに居ると,すぐには駆けつけられないので,辛かったでしょうね。
でも、絶対に蛍は,お母様よ。
良いお話だわ。(ウルウル!)

この『沈香亭』の写真の直ぐ下に
お豆の写真。(何だっけ?このお豆の名前?)
この沈香亭でBBQをやったのかと思っちゃったわ。 まさかね〜!
【 2017/08/05 】 [ 編集 ]
流水文様の涼しげな付け下げ
そして蛍柄の帯素敵です! 
探す時って中々無い物ですね
でも 偶然の巡りあわせv-425
お母様会いに来てくれたのね、善光寺もご一緒され喜んでいらっしやるわ。

繁忙期お客様相手のペンションでしたもの仕方ないですよね。

【 2017/08/05 】 [ 編集 ]
孝行したい時は親はなし。。。が世の常かも。
たっぷりと母の介護と最後の別れもワタシ一人でした。
この様な体験出来た事に今でも 感謝だわ。
チャ子さんは 何よりの供養だわ。
お母さん見守ってるね。
きりりと暑さの中の和服姿は良いものだわ!
【 2017/08/05 】 [ 編集 ]
BBさんへ
長野に来た時から、仕事の都合もあるけど覚悟はしていたのよ。
でも、実際に繁忙期に不幸があると、なかなか難しかったですね。
泣く暇もないほどの毎日でした。
親不孝したなぁ…と思いましたね。

だから蛍を見た時に「母が蛍になって逢いに来てくれた!!」と思い込んでしまいました。
実際はただの偶然かもしれないけど。

沈香亭の写真を変な場所に入れちゃったわね。
このお豆?「枝豆」だよ。
BBさん、夏バテ??


【 2017/08/05 】 [ 編集 ]
紅ママさんへ
毎年、蛍の時期になると探していたんですけどね。
ネットで探してもすぐに「売り切れ」でv-388
季節限定の柄だし、仕方ないですね。
それが先日、めぐり合いましたv-433
もうこのチャンスを逃したら・・・と思って手元に。

母も喜んでいるかしらね。
母の残してくれた着物も大事に着たいと思います。
【 2017/08/05 】 [ 編集 ]
どらさんへ
両親ともに繁忙期に旅立ってしまって・・・。(母は5月連休、父は8月に入ってすぐに・・・)
仕事とはいえ、辛かったです。
親不孝したなぁ…と思いますね。
どらさんはしっかり見届けたのね。

せめてもの親孝行のつもりで母の残してくれた着物や帯を着続けたいと思います。
【 2017/08/05 】 [ 編集 ]
相変わらず暑い。
エアコン三昧でどこにも行きたくありません。
足が痛いので草抜きもままならず、ぼうぼうです。
忙しいとか離れていると、いざって言う時は間に合わない。
私も父の時は駄目でした。関東から四国!やっぱり遠いです。
暑さ、どこ吹く感じでの着物姿、あっぱれです。
蛍柄、なかなかですね~。お母さまの思い出なんですね~。
我が母は91歳、元気でいるそうです。
頭もしっかりらしいです。だからちょっと安心しています。
【 2017/08/06 】 [ 編集 ]
あーちゃんへ
こちらも台風の影響なのか南風で暑いです・・・・。
足、痛いのね。
しゃがみ込む姿勢も良くないから草ぼうぼうでも我慢しなくちゃ。

あーちゃんは四国だったわね。
間に合わない事ってあるよね。
仕方ないです。
もう、長野に引っ越すときから覚悟はしていたことです。
でも、悲しかったなぁ…。

蛍柄、勝手に「母は蛍になって逢いに来てくれた!!」と思っています。
だから蛍柄の帯が手に入って嬉しいわ。

お母様、91歳!!
お元気なら安心ね。

【 2017/08/06 】 [ 編集 ]
>30年程前、実家の母がくも膜下で倒れ、そのまま旅立ちました。
ほぼ同じ頃に同じ病で、あっという間に我が母も、です。
不思議ですね。
私は間に合いましたが、もう意識がなく話も出来なかったわ。
こちらは8月でしたけど。
「蛍の話」は心に沁みます。
ついに念願の帯と巡り合えて良かったですね。

お客様相手の仕事をしていると、
身内の急な不幸にもすぐには対処できないですね。
私も小さな子供相手の仕事をしてる時は
大きな責任があったので、身内の万一の時は
すぐ飛んでいけないなと覚悟してました。
でも、その時は母はまだ元気でいてくれたので
良かったですが。
【 2017/08/07 】 [ 編集 ]
カズタンへ
カズタンも同じころ、おなじような思いをしたのね。
長野に来た時から覚悟はしていましたけど、実際にそうなると悲しかったわ。
どこにいても十分に看取ることができるのか・・・というとそうでもないのでしょうけど「近くにいてあげたかったなぁ…」と思いましたね。

これも人生なんでしょうね。
運命というか避けて通れなかった事柄なのかもしれません。

私の思い込みかも知れないけど「蛍」として逢いにに来てくれた!!と思うことで悲しみや心残りを和らげてくれたように思います。
「蛍柄の帯」、大事にするわ。
【 2017/08/07 】 [ 編集 ]
この時期にしか使えない
蛍の帯は贅沢品ですね。
その蛍に、お母様の思い出があったのですね。
素敵な帯と出会えて良かったですね。
お母様の着物に、とても良く似合います。
チャコさんの思いは、空のお母様に届いていますね。

主人の父は、心臓発作で亡くなりました。
元気だった人が突然いなくなるのは堪えますね。
先日、夢に父が出てきて
「新幹線で来たけれど、遠いね。暑かった。」と言いました。
今年のお盆は帰省しないので会いに来てくれたのかしら?
仏壇に父が好きだったビールを供えました。
【 2017/08/08 】 [ 編集 ]
かめ母さんへ
季節がはっきりしている柄は使う時期も限定されるので、「欲しい…」とは思っても贅沢でね。
探してはいたけど迷ってもいた「蛍柄の帯」でした。
でも、出会ってしまったら「今でしょ!!」。
母が亡くなった年齢に近づいてきていたし。
思いが母に届いたら嬉しいな。

別れはどれも辛いけど、心の準備ができない突然の別れは本当に悲しくて堪えますね。
お父様も逢いに来てくれたのでしょうね。
【 2017/08/08 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

管理人 フーカママ

Author:管理人 フーカママ
「斑尾にいい土地あります!」

田舎暮らしを実現してください。
詳しくはこちら



長野県黒姫の森の中に定住したシニア夫婦
「森」に囲まれた家での暮らしと北海道犬「ソラ」との日々を紹介します。
「ヴァルト=wald」はドイツ語で森という意味です。

☆管理人 フーカママ
好奇心旺盛なA型。山羊座

☆ヴァルトの住人 masa
一応主人。
沈着冷静、石橋を叩いて渡るA型。水瓶座

☆レラ(波久娘・札幌東八) 札幌生まれ
北海道犬の♀
1991/5/19~2008/7/8
 17歳と50日で永眠
 
☆フーカ(風花・稚内武方荘)
2004/4/15 稚内生まれ
北海道犬の♀ 
2004/4/15~2009/6/3
5歳と50日で永眠

☆ソラ(空・尾張小出荘)
2009/9/23 愛知県生まれ
北海道犬の♂

生後39日で我が家にやってきたチビギャング。
わが家で飼う北海道犬は5匹目です。
さてさて、どんなワンコに育つでしょうか。

「北海道犬がやって来て」   注文案内
子供のいない夫婦が、30年にわたり、5匹の北海道犬と信州で暮らしてきた、その出会いとふれあいと別れを綴ったお話です。 価格 本代(税込) 1.365円    送料     300円
下記のフォームでご注文の方にはオリジナルステッカーをプレゼント!!
注文フォーム
「本文」の欄に本の送付先住所・郵便番号・電話番号をお書き下さい。

名前:
メール:
件名:
本文: